NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!72分拡大版▽肉じゃが▽夏の怖い話▽お地蔵さん 2020年8月21日(金)NHK総合 午後7時30分から

更新日:

チコちゃんファンの皆様!




「チコちゃんに叱られる!」​は、8月21日金曜日、NHK総合 午後7時30分~

夏の72分拡大版で、金曜日、夜7時半より放送開始(いつもよりも早くなっています。)


また、翌日土曜日の放送は予定されていません。


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!




NHKの番組告知です!

72分拡大版▽肉じゃが▽夏の怖い話▽お地蔵さん


番組告知


72分に拡大してたっぷりお送りします。ゲストは豪華に笑福亭鶴瓶さんと天海祐希さん。二人がタジタジになる「チコの部屋」もお楽しみに。肉じゃがの謎はこれも超豪華「多分こうだったんじゃないか劇場」で意外なルーツが、お地蔵さんも驚きの正体が、怖い話の秘密からは日本文化の歴史が。ほかに子供が縁石を歩きたがる理由やオーケストラの指揮者の動きの謎まで、ご家族みんなでわいわいお楽しみください。
(NHK番組ホームページより)




今回のゲスト


ゲストは笑福亭鶴瓶さんと天海祐希さん


笑福亭鶴瓶さん





笑福亭 鶴瓶(しょうふくてい つるべ、1951年〈昭和26年〉12月23日 – )は、日本の落語家、タレント、司会者。本名・駿河 学(するが まなぶ)。

大阪府中河内郡長吉村(現在の大阪市平野区)出身で、兵庫県西宮市在住。所属事務所はデンナーシステムズ[注釈 1] で、長年所属していた松竹芸能にも籍を残している。血液型O型。

愛称は「鶴瓶さん」「べーさん」「鶴瓶師匠[3]」「べー師匠」「鶴瓶ちゃん」「まーちゃん」、「まなぶくん」など。落語家として上方落語協会相談役を務めている。

入門・弟子入り

五枚笹は笑福亭一門の定紋である。
大学時代の鶴瓶は当初3代目笑福亭仁鶴への弟子入りを考えていた[16]が、観覧した落語会での6代目笑福亭松鶴の口演、とりわけ、客先にいた僧侶を見てネタを忘れたという理由でオチだけを話して高座を降りたことに「おもろい」と強い印象を受け、松鶴への弟子入りを決める[16][17][18][注釈 3]。1971年1月の「京都市民寄席」の楽屋口で弟子入りを試みたが、「知らん人が見たらヤクザ」のような松鶴と弟子の姿におののいて声をかけられず、1年後に自宅を訪れることになった[19]。

この訪問では居留守を装われ、粘って根負けして会った松鶴からは、入門は親の承諾が条件で、連れてくるように言われる[20][21]。鶴瓶は一計を案じて、「喧嘩で相手を負傷させ、謝らなくてはならない」という理由で父親を同行させ、松鶴から正式な入門の許しを得た[22][21]。

1972年2月14日、11番弟子として入門する。入門から間もない頃、まだ高座名も与えられない時に島之内寄席[注釈 4] で来場者の下足番を任された際に、名前も社名も言わずに入場しようとした新聞記者に対し、それまでの横柄な態度を腹に据えかねて「顔パス」を咎めたところ、下足札を投げつけられて「お前誰や!」と問われる[23][24]。松鶴の弟子と答えると、松鶴のいる楽屋に連れて行かれた[23][24]。鶴瓶は松鶴から問われてこの経緯を話した[23][24]。すると松鶴は、鶴瓶を「向こう行け」と遠ざけてから、将来取材する対象になるかもしれない相手ではないかと記者を罵倒した[23][24]。この件で鶴瓶は、「このおやっさんに付いていこ」と心服する[23][24]。

「鶴瓶」という高座名が付くまでの経緯については、鶴瓶自身は時期によって異なる説明をしている。1982年の著書では、

入門からしばらくは高座名がなく、問われたときはやむなく「笑福亭駿河」と名乗ったりしていた[25]。まもなく松鶴から「どっかひとつ抜けたとこあるしな……そうや、昔井戸で”つるべ”て使うてたやろ。なんやお前は、井戸のつるべのタガが抜けたみたいなとこあるし」という理由で「鶴瓶」の名を与えられた[25]。
としていた。これに対して2013年の聞き書きでは

入門翌月にラジオ大阪やABCラジオの番組に出演したときにはすでに「鶴瓶」の名前で出演していた[26]。松鶴からは「鶴之(つるゆき)」と「鶴瓶」の二つの名前から選ぶよう言われ、「鶴瓶」を選んだ(兄弟子の笑福亭鶴光も弟子入り時に「鶴之」と「鶴光」を示されており、そのことを鶴光から教えられた)[26]。すると松鶴は『落語系図』で先代鶴瓶(本記事冒頭節を参照)について見るよう指示し、それを見て「おもろい名前つけてもろたなあと不思議な気持ち」になった[26]。
としている。

同年9月26日に島之内寄席にて初舞台[27][28]。初舞台の演目について、新野新の著書(1975年)では「東の旅 発端」としているが[27]、鶴瓶自身は2013年の聞き書きで(同じ「東の旅」の一編である)「煮売屋」であったと述べ、人体の「逆さ言葉」を言う下りの「耳」のところで「ミンミン餃子、おいしいな」というくすぐりを入れて受けを取ったが松鶴から「よけいなこと入れやがって!」と叱られたとしている[29]。

松鶴からはほとんど落語の稽古を付けられることはなかった。兄弟子である笑福亭松枝のエッセイのほか、鶴瓶自身の回想によれば、鶴瓶は「ある意味えらい怒られて稽古をつけてもらえなかった」[30]存在であり、松鶴が機嫌のよいときに兄弟子の笑福亭松葉に「稽古を頼めよ!」とけしかけられて稽古を頼み込むと、鶴瓶の目の前に顔を突き出した挙句、「嫌や!」と突き放されたこともあった[30]。ついには、「鶴瓶が聞いとるさかい風呂行って稽古しょう!」と他の弟子を引き連れて逃げ回られる事態に発展した[30]。松鶴の盟友であった5代目桂文枝はこのことについて「稽古の必要はないと思ってるからや」と分析しており、また鶴瓶が松葉など年の近い兄弟子に可愛がられるための、松鶴による気配りであることを示唆している[30]。また、鶴瓶と5代目文枝ともども、松鶴自身が5代目松鶴からあまりネタを教えてもらうことがなかったことが、稽古をつけなかったことの伏線とみなしている[30]。鶴瓶自身は、松鶴が形にはめるよりも「あんまりいじくりまわさんほうがええ」と考えていたのではないかと述べている[31]。松鶴の不在時に、松鶴の妻(「あーちゃん」と呼ばれていた)から三味線や落語の稽古を付けられることもあった[32]。

ある落語コンクールでは、前記の『堀の内』に古典落語なのにオートバイに乗った人物を登場させるなど、「男子校向け」のアレンジを適当に加えて演じた[33]。審査員からは「時代錯誤も甚だしい」と酷評され、やはり審査員である松鶴からは「こんなん、落語やおまへん。こいつには稽古つけてまへん」とまで言われる[33][34]。だが、松鶴は帰り道に鶴瓶の尻を叩いて「おまえのが一番おもろかった」と告げた[33]。

そのほかにも、高座にラジカセを持ち込み、笑いが欲しいシーンでスイッチを入れて笑い声を出し、客の笑いをあおるなど、当時としては斬新なアイデアを披露したりしたが、これも松鶴に楽屋で叱られてしまった。ただしその松鶴も、若手時代には高座でバレリーナに扮して先代から怒られている。3代目桂米朝によれば、3代目桂米之助作の新作落語「白鳥の死」の口演のためだという[35]。

入門当時には、小学6年生で12歳の兄弟子・笑福亭手遊(おもちゃ、入門は1971年10月)がおり、入門順が序列となる落語界のしきたりに従い、彼を「兄さん」と呼び、手遊からも「兄弟子」として振る舞われることがあった[25]。ただし、小学生の手遊を大人の鶴瓶が「兄さん」と呼んで話す様が面白がられて二人でラジオ番組に何度も出演し、結果として番組に出る機会が増え、「鶴瓶いうやつ、おもろいねんな」と思われるようになったと、2013年の聞き書きでは述べている[36]。一方、手遊の上の兄弟子である笑福亭松葉(没後に7代目笑福亭松鶴を追贈される)には面倒を見てもらい、仲のよい兄弟弟子となる[37]。のちに松竹芸能の社長から7代目松鶴は誰がいいかと問われたときに、鶴瓶は「松葉と答えた」という[37]。

若手時代、鶴瓶はアフロヘアーにオーバーオールという落語家らしくないスタイルを続けていた[38]。3代目桂春団治や師匠の松鶴からは髪を切れと何度も言われたが(春団治は「金をやるから切ってくれ」とも言い、実際に金銭を渡した)、鶴瓶は従うことはなく、また松鶴や春団治もそれを楽しんでいる風があって、松鶴は途中から何も言わなくなったという[39][注釈 5]。鶴瓶は、吉本興業所属の桂三枝や笑福亭仁鶴と比べ、自身の所属する松竹芸能の落語家が年齢が高いというイメージがあり、落語家の「古臭い感じ」に対する反発からそうしたファッションをしていた[41]。

1970年代前半は、ユリ・ゲラーをはじめとする超能力・エスパーブームの時期だった。活動の場が早く欲しかった鶴瓶は、超能力(透視とスプーン曲げ)が使えることを松鶴に打ち明け、鶴瓶の超能力を目の当たりにした松鶴は驚愕し「ウチに超能力を使う弟子がおる」と松鶴自らがテレビ局に鶴瓶を売り込む。当然ながら超能力はテーブルマジックの類で、周囲に仕掛けを漏らしつつ頭から超能力を持つ弟子と信じ切っている松鶴という場面に持ち込み、必死になって売り込む松鶴に便乗して業界関係者に顔と名前を覚えてもらい、これを手がかりにテレビ、ラジオと進出する足場を作る。後に兄弟子の笑福亭仁鶴が鶴瓶のイカサマ超能力を暴き、松鶴は梯子を外された格好になった。[要出典]また、このスプーン曲げは上岡龍太郎の不興を買った。鶴瓶は正直に事情を話し、上岡も笑って誤解を解いた。鶴瓶と上岡はこれが縁で互いの楽屋を訪れるようになり、その鶴瓶の楽屋話が面白いということで『激突夜話』『パペポTV』へとつながっていった[42]。
(Wikipediaより)



天海祐希さん






天海 祐希(あまみ ゆうき、1967年8月8日[3] – )は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップスター[5]。東京都台東区東上野出身[2]。研音所属[4]。本名、中野 祐里(なかの ゆり)[1]。愛称はゆりちゃん、ゆり[6]。

中学で演劇部に入り2年生の時に宝塚ファンの担任に勧められ、宝塚歌劇団への入団を志望。高校生の時に宝塚音楽学校の受験準備のため、「大滝愛子バレエ・アート」に通うようになる[7]。台東区立西町小学校、台東区立御徒町中学校、菊華高等学校(現・杉並学院高等学校)2年修了後の1985年、宝塚音楽学校に首席で入学。宝塚音楽学校入学は首席だったが、宝塚歌劇団入団時は26番[8]だった。

1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団[9]、雪組公演『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』(主演:平みち)で初舞台[10]。同期にはいずれも女優の絵麻緒ゆう[11](現在のえまおゆう)(2002年のみ雪組トップ)、匠ひびき[11](2001年から2002年まで花組トップ)、歌手の姿月あさと[11](1998年から2000年まで宙組トップ)の3人の元トップスターのほか、女優の青山雪菜(元娘役スター)、声優の葛城七穂、芦屋市議会議員の苑ななみ(現在の中島かおり)が入団した。当時の月組トップスターは剣幸[12]。尚『サマルカンド〜』新人公演ではバルフ王子(本役:鮎ゆうき、当時雪組新進の男役だった)役に配され初舞台生の新人公演配役としては異例の目立つポジションの役どころをもらった。その後月組に配属。同年の月組バウホール公演『青春の旋風〜リトル・ヒーロー三四郎』で早くも準主役のひとりブーン役に抜擢され、年末公演の『ミー・アンド・マイガール』で研一(入団一年目)にして新人公演に初主演。

1989年、歌劇団ニューヨーク公演(メイン・大浦みずき、他に紫苑ゆうらが出演)メンバーに選出。1991年には4期上の久世星佳・若央りさや1期上の真織由季・大海ひろらを飛び越し月組2番手男役スターとなる。

1993年に初舞台から7年(正式には6年半)で月組トップスターに就任。天海の後任になる月組男役トップスターは2004年に彩輝直が就任するまで3代(久世、真琴つばさ、紫吹淳)続けて天海より上級生であることや、また、この年行われた『ミリオン・ドリームズ』『風と共に去りぬ』新人公演主演(在団7年目まで)は、天海の同期生である姿月が演じることになったことからもその出世の速さがわかる。史上最速ペースでトップに就任したことから大地真央を上回る男役と言われたこともある[2]。

1995年12月、28歳の時に『ミー・アンド・マイガール』で退団。相手役の麻乃佳世と同時退団だった。退団の際にはワイドショーで特集が組まれるなどマスコミ各社の高い関心を集めた。退団後すぐは、舞台ではなく映像の仕事にこだわり、特に宝塚の延長になるのは困ると多く来たミュージカルの仕事は選ばず、テレビドラマや映画に出演する[13]。初仕事は、自分を見つめなおすため、キャスト・主要スタッフは、監督含めて日本人は天海1人の全編シアトルロケで英語セリフの、日米合作映画「クリスマス黙示録」を選択した[14]。舞台には退団して3年目に新作がいいと演劇の「マヌエラ – 燃える上海 恋する女」に出演し、それからは出るようになる[15]。映像作品では、171cmの長身とあまりにも強烈過ぎた宝塚時代のイメージから、当初は女優としての個性を確立するのに苦労したが、のちに女刑事や女弁護士などの役で生来の存在感を示すようになった[2]。

退団決定後に幾多かの芸能事務所から勧誘があった。石原プロモーション入りを希望したが、男性俳優専門の石原プロ側から断られている[16]。天海の親友が当時在籍していたフライングボックスに所属し、映画やテレビドラマなど、活躍の場を広げた。『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』で共演した唐沢寿明に誘われ、2003年1月1日付けで現在の所属事務所である研音へ移籍[17]。テレビドラマでは、2004年以降は単独で主演を務める例が多い。
(Wikipediaより)




放送内容は?


番組告知から、


72分の拡大版!


肉じゃがの謎


超豪華「多分こうだったんじゃないか劇場」で意外なルーツが明らかに!



夏の怖い話


夏といえば、怪談!


怖い話の秘密からは日本文化の歴史が



お地蔵さん


お地蔵さんも驚きの正体が!



ほかに子供が縁石を歩きたがる理由


確かに、子供は縁石をあるきたがりますよね。


なぜなんだろう?



オーケストラの指揮者の動きの謎


いろいろな決まりがあるのかな?



ゲストは豪華に笑福亭鶴瓶さんと天海祐希さん。


二人がタジタジになる「チコの部屋」もお楽しみに。


ご家族みんなでわいわいお楽しみください。












-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.