NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!▽もみじ狩りの謎▽化石の不思議▽切手の位置は? 2021年11月5日(金)NHK総合 午後7時57分から、再放送翌土曜日8時15分から

更新日:

チコちゃんファンの皆様!




「チコちゃんに叱られる!」​は、11月5日金曜日、NHK総合 午後7時57分~


再放送は、翌日土曜日8時15分から。


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知です!

▽もみじ狩りの謎▽化石の不思議▽切手の位置は?


番組告知


世の中には身近で素朴な疑問がいっぱい。そこにはよくよく調べてみると興味深い世界が広がっています。チコちゃんが繰り出すそんな素朴な疑問を家族みんなで考えてみませんか?今回の疑問は…もみじ狩りはなぜ「狩り」という?なぜ化石は石になる?なぜ切手は左上に貼る?MCの岡村隆史さん、ゲストの山崎育三郎さん、榊原郁恵さんと一緒に楽しく悩みましょう。山崎育三郎さんの思わぬお悩みも必見です。
(NHK番組ホームページより)



今回のゲスト


ゲストは、山崎育三郎さん、榊原郁恵さん



山崎育三郎さん






山崎 育三郎(やまざき いくさぶろう、1986年〈昭和61年〉1月18日 – )は、日本のミュージカル俳優[2]、俳優、歌手、司会者である。

東京都出身。東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科卒業、東京音楽大学声楽演奏家コース中退。研音所属。StarS、IMYのメンバー。妻は元モーニング娘。の初期メンバーで、歌手・タレントの安倍なつみ。愛称はいっくん[3][4]。「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれている[5]。

生い立ち
会社員の父と歌好きな母との間に三男として生まれる。兄弟は4歳上の長兄、2歳上の次兄、本人、2歳下の弟の4人兄弟。

幼稚園のときにアニーをみて感動。CDを買い与えてもらい、何度もアニーの曲を聞き、耳コピーして歌っていた。甘えん坊で引っ込み思案な性分を常々心配していた母が「自信に繋がれば」と歌のレッスンを勧めた。1997年、全国童謡コンクールにて審査員特別賞を受賞。

歌の先生から小椋佳企画のアルゴミュージカル『フラワー』のオーディションを勧められ、初挑戦。3000人の中から主役に抜擢され、1998年『アルゴミュージカル』に主演。本番初日のカーテンコールの拍手に感動。野球選手になる夢もあったが、「野球でなく、この世界で僕はいきていきたい」とミュージカル俳優になることを決心。以後、中学3年生で変声期を迎えるまで舞台・テレビなどに出演。

変声期を迎え、オーディションに受からない日々に絶望的な気持ちを味わう。ミュージカル俳優を志すのであれば、クラシックや声楽などの基礎を一から勉強することと、師事していた歌の先生や母からの助言を受け、音楽系の高校に進学することを決心。中学3年生の夏休みから本格的に受験勉強を開始した。それまで楽器演奏のレッスンを受けたことがなかったが、受験科目にピアノ演奏があったため猛特訓した。

2001年4月、東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科に入学。留学経験のある兄二人の影響をうけ、2002年7月、アメリカ合衆国ミズーリ州にあるノースカンティー・ハイスクールへ語学留学。当時、同校にアジア人は山崎だけであり、いじめの標的にされたことがあったという。 

2003年5月、全米高校生クラシック声楽コンクールのミズーリ州大会にて上位入賞、同年6月に帰国し同年9月より高校2年生2学期開始。帰国後は、家族がそれぞれ別の場所で活動していたため、要介護の祖父母と3人暮らし。学校と介護の両立を続けた。

2004年2月、Music Power Station東京大会出場。2004年3月、ソニーミュージックSDオーディションで約2万人の中から最終10名に選出される。2005年3月、東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科を卒業。東京音楽大学声楽演奏家コースに進学。

俳優活動
大学在学中にミュージカル『レ・ミゼラブル』の日本初演20周年記念公演のオーディションにてマリウス役に抜擢され、2006年9月に大学を2年中途退学して、翌2007年の同公演で正式デビュー[6]。2008年、初主演映画『夏休みのような1ヵ月』が公開。2009年12月、舞台『パッチギ!』で初のストレートプレイ出演[7]。

2011年4月、『モーツァルト!』での演技により第36回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

2014年4月1日、アトリエ・ダンカンから研音へ移籍。

21歳で『レ・ミゼラブル』のマリウス役、24歳で『モーツァルト!』のヴォルフガング・モーツァルト役、26歳で『ミス・サイゴン』のクリス役、29歳で『エリザベート』のルイジ・ルキーニ役と目標としてきた4作品への出演を20代のうちに実現し、ミュージカルファンから「プリンス」の愛称で親しまれた。その後「ミュージカルというジャンルをもっと知ってほしい。役者としての幅を広げたい」と次のステージとして『半沢直樹』に出演していたミュージカル界の先輩・石丸幹二の紹介でテレビドラマにも進出[8]。

2015年にTBS系ドラマ『下町ロケット』に出演。2017年、テレビ朝日系ドラマ『あいの結婚相談所』で初主演。

2020年春、同年度前期放送の『エール』でNHK連続テレビ小説に初出演[9]、主人公の幼馴染で歌手となる佐藤久志役を演じる[10][11][12]。作中の100話で「栄冠は君に輝く」を歌った縁から、全国高等学校野球選手権大会の開会式(8月10日)において同曲を歌唱する予定であった。しかし、前年より猛威を振るっている新型コロナウイルスによる感染拡大の状況を受け、大会自体が中止となり果たせなかった[注釈 1]。翌2021年8月10日、2年ぶりに開催された大会初日に登場し歌い上げた(下記、歌手活動項参照)。

2021年、『青天を衝け』にて伊藤博文役で、大河ドラマ初出演。また同年に『イチケイのカラス』で井出伊織役を務める。[13]。

歌手活動
2007年11月14日、ボーカルグループESCOLTAのメンバーとしてアルバム『愛の流星群』でメジャーデビュー、2008年12月末までESCOLTAに所属。2009年、TBSテレビ『さんまのSUPERからくりTV』内の企画バンド「サザエオールスターズ」にボーカリストとして加入。

2010年6月23日、UNIVERSAL Jよりアルバム『愛の五線譜』でソロデビュー。同年6月30日、C.C.Lemonホール(現:渋谷公会堂)でソロデビュー・コンサートを開催。同年7月31日、『夏休みフィギュアスケート名曲コンサート〜スケート・ファンタジー IN SUMMER2010〜』で初司会。

2013年5月8日、井上芳雄、浦井健治とのユニットのStarSとしてミニアルバム『StarS』でデビュー。

2016年、カバーアルバム『1936 〜your songs〜』で、第58回日本レコード大賞・企画賞を受賞[14]。

2019年1月23日、尾上松也、城田優とユニット『IMY(あいまい)』を結成。ユニット名は3人の名前のアルファベットの頭文字を組み合わせたものである。同年4月20日にBunkamuraオーチャードホールで旗揚げ公演が開催された[15]。また、3月20日イチローの引退試合となったMLB日本開幕戦(東京ドーム)にて、日米両国歌を歌唱。イチローの大ファンである本人にとっても忘れられない一日となった。

2020年11月7日、ゲストとして、明日海りお、千鳥、森山直太朗、山口太幹が出演し、「山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館」を開催。山崎の夢であった日本武道館での公演を果たした[16]。同年『第71回NHK紅白歌合戦』のNHK連続テレビ小説『エール』のスペシャル企画での紅白出演に歓喜した[17]。

2021年8月10日、第103回全国高等学校野球選手権大会において大会歌『栄冠は君に輝く』をア・カペラで独唱した[18][19]。

司会・MC活動
2018年、『世界の村のどエライさん』にて千鳥と高見侑里と共にMCを務めバラエティー番組初MC。 2021年、長寿番組おしゃれシリーズの『おしゃれイズム』の後継番組、『おしゃれクリップ』にて井桁弘恵と共にMCを引き継ぐ。オファーを受けた時は震えたという。[20]

私生活
2015年12月29日、2011年7月の舞台『嵐が丘』で夫婦役で共演した元モーニング娘。の安倍なつみと4年間の交際期間を経て結婚[21]。2016年7月26日に長男誕生[22]。

2018年10月31日、第2子男児の誕生を発表[23]。
(Wikipediaより)



榊原郁恵さん




榊原 郁恵(さかきばら いくえ、1959年5月8日 – )は日本のタレント、女優、歌手。元アイドル。本名、渡辺 郁恵(わたなべ いくえ)。旧姓、榊原。身長155cm。スリーサイズはB85・W63・H88。血液型はB型。ホリプロ公式ページによると「榊」は木へんの神と書くのが正しい。

神奈川県出身。川崎市にて出生後、3歳で厚木市に引っ越す[2][3]。厚木市立厚木第二小学校[2]、厚木市立厚木中学校[2]、神奈川県立厚木東高校[4]を経て堀越高等学校卒業。ホリプロ所属。夫は、俳優の渡辺徹。2男の母でもあり、長男は俳優の渡辺裕太。

4歳年上の姉がいる[5]。姉が子供の頃に児童劇団に入っており、自分も児童劇団に入りたいと葉書で申し込んだが、その審査日が家族旅行の日と重なったために相談したところ、母や姉から叱られて断念したということがあった[6]。

中学時代はテニス部[7]、厚木東高校時代は人形浄瑠璃部に所属していた[4]。父は中日新聞社の社員だった[8]。

高校2年の時に、ホリプロが主催する「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝。芸能界入りを機に上京し、芸能活動コースがあった堀越高等学校へ転校している。歌手デビューは翌年の1977年(昭和52年)1月1日だが、CMや映画への出演は1976年(昭和51年)からである。決勝大会等でのサブタイトルに「1億円のスター」とあったことから、デビュー時のキャッチフレーズが「1億円のシンデレラ」となった[9]。デビューに当たって芸名を考えることになり、『月刊明星』(集英社)誌上でも芸名の公募が行われた。そこで、榊原の榊が読みにくいからと「原 郁恵」(はら いくえ)、郁恵の郁も読みにくそうだからと「原 恵」(はら めぐみ)、厚木出身だから「厚木 郁恵」などといった名前も候補に挙がったが、結局ピンとくるものが無く、「読みにくい名前だが、一度覚えたら忘れないだろう」という意見でまとまり、本名のままで活動する事になった[10]。

同期デビューの女性人気歌手だった高田みづえ、清水由貴子と共に当時「フレッシュ三人娘」と言われた。共に最も仲が良かった歌手仲間の2人だが、新人賞を争うライバル関係でもあった。

デビュー以降、アイドルとして『ナッキーはつむじ風』をはじめ、数多くのドラマやCMで人気を獲得。『明星』『平凡』『近代映画』などの表紙をたびたび飾り、またタレント歴代5位となるプロマイド月間売上1位獲得17回という実績を持つ。1970年代後半にはミッキーマウスの吹き替えの声優にキャスティングされ、ディズニーの特番にレギュラー出演。前述の「ナッキー〜」はシリーズ2作品で2年間、同じくTBS系の木曜19時台バラエティドラマ枠5作品で2年半、連続して主演を務めている。

歌手としては7枚目のシングル「夏のお嬢さん」が自身最大のヒットであるものの、オリコンチャートでは最高11位にとどまり、これが自身の最高位となった[11]。『NHK紅白歌合戦』には1978年から6回連続出場し、紅組トップバッターを2回務めた。シングル盤のリリースは1986年(昭和61年)まで続けていた。現在は歌手としての活動はほとんどなく、単発的に舞台やイベント、テレビの懐メロ系の番組で歌う程度となっている。

1981年(昭和56年)に上演した『ピーター・パン』は自身初の座長公演であり、またホリプロが初めて手がけたミュージカルという事もあって当初は興行的な成功を不安視する声もあったが、スリムな体型を作り上げ少年役を演じ、この年度のゴールデン・アロー賞演劇賞および大賞を受賞した。

「郁恵ピーターパン」は7年の間、毎年夏の1ヶ月を代役無しで飛び続け340回・76万人を動員した[12]。

1987年(昭和62年)、結婚に伴いこの年で『ピーター・パン』を降板。同年10月14日に結婚式・披露宴が行われ「完全独占生中継おめでとう!! 渡辺徹・榊原郁恵結婚披露宴」として日本テレビ系で生放送された。平均視聴率は40.1%(ビデオリサーチ・関東地区)と高視聴率を記録した[13]。

結婚後は主婦タレントとしてバラエティ番組から絵本の読み聞かせ、情報・園芸番組まで幅広く活躍している。特にフジテレビ『ものまね王座決定戦』の総合司会を1987年(昭和62年)から2000年(平成12年)までの13年間にわたって務めた他、同局で1990年(平成2年)前後 – 2007年(平成19年)9月28日の間、夕方→午前枠と何度も時間は移動したものの、ミニ番組形料理番組の看板司会者として約16年もの間担当した。

2005年(平成17年)、番組企画で取り組んだ社交ダンスでは部門1級を取得した。近年はバッグや風呂敷など商品プロデュースも手掛けている。
(Wikipediaより)




放送内容は?


世の中には身近で素朴な疑問がいっぱい。


そこにはよくよく調べてみると興味深い世界が広がっています。


チコちゃんが繰り出すそんな素朴な疑問を家族で一緒に考えてみませんか?



今回のチコちゃんの疑問は、

もみじ狩りの謎


もみじ狩りはなぜ「狩り」という?



化石の不思議


なぜ化石は石になる?


切手の位置は?


なぜ切手は左上に貼る?


MCの岡村隆史さん、ゲストの山崎育三郎さん、榊原郁恵さんと一緒に楽しく悩みましょう。


山崎育三郎さんの思わぬお悩みも必見です。







-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.