NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

チコちゃんクイズ

なんで風に当たると涼しくなるの?→体の表面の空気を吹き飛ばすから

更新日:

今回は、2022年9月16日金 チコちゃんに叱られる! ▽涼しい風の秘密▽シンデレラの謎▽ビールに枝豆? 初回放送日: 2022年9月16日の番組内容を紹介。


なんで風に当たると涼しくなるの?




なんで風に当たると涼しくなるの?


本日の最初の話題。


まずは、ゲスト紹介。


本日のゲストは、森泉さんと天野ひろゆきさん。


共にオリジナルメンバーですね。


早速一問目に。


チコちゃん「ねぇねぇ岡村、この中で一番、暑さに強いステキな大人ってだーれ?」


岡村さんの指名で、暑さにはめっぽう弱い天野さんが回答者に。


扇風機の話題から。


チコちゃん「なんで風に当たると涼しくなるの?」


天野さん「なんだこれ? 風が当たることで、汗などの水分が蒸発して気化するのでひんやり感じる。」といった趣旨の回答。


正解に至らずられちゃいました。



チコちゃんの答えは、「体の表面の空気を吹き飛ばすから。」




体の表面の空気を吹き飛ばすから


解説してくれたのは、番組ではおなじみのは東京理科大学の川村康文教授。


科学の問題ではなんども出演されています。


体の表面にある空気というのは体の熱によって温められている空気。


これが層となって体を覆っています。




サーモグラフィ(サーモトレーサ)で温度変化を可視化してみてみます。


煙を入れることで、温度がサーモグラフィで見れるようになります。


28℃設定にした小さな箱に手を突っ込んだ途端に指の周りに緑の層が形成。





これが皮膚の周りに出来た空気の層。


人間の体温が36℃で、箱の温度が28℃。


この空気の層は32℃ぐらいの温度帯。


その層の厚みは1mmほど。


普段では、これが全身をくまなく覆っていることになります。



扇風機の風を当てるとどうなるか


扇風機の風を当てると、緑色に見えていた空気の層が吹き飛ばされ、手の周りの温度が28℃に急低下。





うちわでも、空気の層が吹き飛ばされます。


およそ、8秒後には、手のまわりに緑の層が再形成。




さらに涼しくなるメカニズムには空気の層に含まれる「水蒸気」も重要。


人間の体は体温が上がると汗をかいてそれが蒸発する事で体温を下げるように出来ています。




これは水分が蒸発した時に熱を奪う気化熱を利用した冷却方法。




皮膚の周りにほんのり温かい空気の層があると、その空気の層に含まれる水蒸気のため、蒸発が難しい状態に。





空気が取り込める水分の量には限界があり、体から発する水蒸気をたっぷり吸いこんだ空気の層はなかなか水分が蒸発しにくい。


そんな空気の層を吹き飛ばすと、フレッシュな空気が送り込まれてまた蒸発が盛んに行えるようになります。





洗濯ものが風があると乾きやすいのと一緒ですね。



結論


というわけで、


「なんで風に当たると涼しくなるの?」は、


「体の表面の空気を吹き飛ばすから」


でした。
 


解説してくれたのは


東京理科大学の川村康文教授

連絡先
〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)

kawamura@rs.tus.ac.jp
yasufumikawamura1959@gmail.com

ホームページURL http://www2.hamajima.co.jp/~elegance/kawamura

http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~elegance/

出身大学
1983年 京都教育大学 教育学部 特修理学科 卒業

出身大学院
2003年 京都大学 エネルギー科学研究科 博士課程 修了
取得学位

京都大学 博士(エネルギー科学) 課程
京都教育大学 修士 課程
龍谷大学 博士前期(社会学) 課程

研究経歴
研究職歴
– 京都教育大学附属高校 理科(物理)教諭
– 信州大学教育学部(理科教育) 助教授
2006- 東京理科大学理学部第一部 助教授
2007- 東京理科大学理学部第一部 准教授
2008- 現職

性別 男
生年月 1959年 12月
(大学HPより)



東京理科大学


東京理科大学(とうきょうりかだいがく、英語: Tokyo University of Science; TUS)は、東京都新宿区神楽坂一丁目3に本部を置く日本の私立大学である。1949年に設置された。大学の略称は理科大(りかだい)、東理大(とうりだい)。

大学全体
東京理科大学は、1881年(明治14年)創立の東京物理学校を主な前身に、1949年(昭和24年)に設立された、理学・工学・薬学・経営学をはじめとする分野を包括する理工系総合大学である。

1897年(明治30年)に京都帝国大学が創立され、そこに理工科大学(理工学部)が設置されるまでの間、自然科学の教育を施したのは東京帝国大学と、現在の東京理科大学の前身校である東京物理学校だけであった[広報 1]。自然科学教育を行う高等教育機関(専門学校を含む)としては国内で2番目に長い歴史を持ち、私立の理系学校としては最古の歴史を持っている。夏目漱石の『坊つちやん』に登場する「物理学校」は、この東京物理学校を指す。また、石川啄木の日記や北原白秋の詩など多数の作品において当時の東京物理学校の講義の情景が描かれている[1][2]。

2006年の創立125周年を機に「Con’science’(カンシャンス:英語・フランス語で「良心」の意)〜21世紀の「科学」は「良心」へ向かう〜」のコンセプトを打ち出した。

2021年の創立140周年を機に「理念を貫き、進化する。-Building a Better Future with Science-」のコンセプトを打ち出した[3]。

建学の精神(校訓・理念・学是)
「理学の普及をもって国運発展の基礎とする」
(Wikipediaより)




今回も最後まで読んでくれてありがとう。
他の記事もよろしくね。


過去放送日別一覧ページ


各回放送内容・放送日別一覧








-チコちゃんクイズ

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.