Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

チコちゃんに叱られる!ハロウィンの仮装のなぞ、フィギュアスケートの意味 ほか 2018年10月26日(金)NHK総合 午後7時57分から (再放送 翌土曜 午前8時15分から)

投稿日:

チコちゃんファンの皆様!





「チコちゃんに叱られる!」​は、金曜日、NHK総合 午後7時57分から!
(再放送は翌日土曜日、午前8時15分から)


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知!


10月26日金曜 NHK総合1 午後7時57分~ 午後8時42分
(再放送は翌日土曜日、午前8時15分から)



チコちゃんに叱られる!▽ハロウィンの仮装のなぞ▽フィギュアスケートの意味 ほか




番組告知

チコちゃんに叱られる!▽ハロウィンの仮装のなぞ▽フィギュアスケートの意味 ほか

毎年多くの人が楽しむ「ハロウィンの仮装」に関する問いでは、歴史と文化の不思議が明らかに。「フィギュアスケート」の問いでは、意外なスポーツの歴史と伝説のスケート選手が登場します。また「校長先生の話」も驚きの答えにスタジオがびっくり。学校で、職場で、きっとだれかに話したくなる話題が満載です。カラスのキョエちゃんが登場するコーナーでは、警察署長さんのおたよりを紹介します。ぜひご家族でお楽しみください

【出演】岡村隆史,【ゲスト】村上佳菜子,中尾彬,【リポーター】塚原愛,【声】木村祐一,【語り】森田美由紀
(NHK番組ホームページより)




今回のゲストは、



村上佳菜子さんと中尾彬さんだよ!



村上佳菜子さん







村上佳菜子公式サイト


村上 佳菜子(むらかみ かなこ、英語: Kanako Murakami, 1994年11月7日[2] – )は、2000年代後半から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。

愛知県名古屋市出身。中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科卒業[5]。2014年ソチオリンピック日本代表(12位)。2014年四大陸選手権優勝、2010年GPファイナル3位、2013年世界選手権4位、2010年世界ジュニア選手権優勝、2009年JGPファイナル優勝など。

マネージメントはユニバーサルスポーツマーケティング。

人物
血液型A型[6]。

趣味は、音楽・ダンス・読書など。

高校に進学した際、同校の先輩である浅田真央が着ていたブレザーを譲り受け、着用している。タレントの松浦亜弥に似ているという理由で、「氷上のあやや」と一部のメディアに報じられた[7][8]。2010年日本プロ野球の地元ナゴヤドーム開幕戦では始球式を務めた。

あがり症で、競技の始まる前は胸に手をあて、祖父から教えられたおまじないをつぶやいている[9]。

幼少期からアトピー性皮膚炎の疾患をもっており、ソチオリンピックシーズンは特に酷く、火傷くらいになり、山田コーチとも相談して本番衣装を直前で変更するほど。

ファッションにも興味があり、今後の目標の一つとしてフィギュアスケートの練習着をデザインすることを挙げている。

大のかき氷好きで、ゴーラーを自称している。2016年食べたかき氷はなんと500杯。ひと月あたり42000円も費やすことも明かされた[10]。

スケート技術
山田満知子によると小学6年のころには3回転アクセルを跳んでいた[11]。現在はアクセルを除く5種類の3回転ジャンプをプログラムに用いているが、ルッツはインサイドエッジで踏み切る癖があり、減点されることが多い。コンビネーションジャンプでは、3回転トウループ-3回転トウループを得意としていたが、2011-2012シーズンはより難易度の高い3回転フリップ-3回転トウループを取り入れている。
(Wikipediaより)




中尾彬さん





中尾 彬(なかお あきら、1942年8月11日[1] – )は、日本の俳優・声優・タレント。千葉県木更津市出身[1]。古舘プロジェクト所属。

前妻は茅島成美、現在の妻は池波志乃。義父は落語家10代目金原亭馬生、義祖父は5代目古今亭志ん生、義叔父は3代目古今亭志ん朝。姪の元夫は俳優の田宮五郎(田宮二郎の次男)。身長175cm、血液型O型。

来歴
酒屋を営む家に生まれる。

1958年に千葉県立木更津第一高等学校へ入学。バレーボール部で主将を務め[2]、1960年には油彩画の「石の花」が千葉県美術展に入選するなど絵の才能を発揮したのち、1961年に武蔵野美術大学油絵学科へ入学する[1]。しかし何故か1962年に日活ニューフェイス(第5期)に合格[1]後、映画デビューするも、絵の道を捨てきれず翌年に大学を中退してフランスへ留学する[1]。だが諸般の理由で留学期間を短縮し、1964年に帰国、演劇の道を再び目指す。

同年、劇団民藝に研究生として入団。同年、中平康監督・加賀まりこ主演の日活映画『月曜日のユカ』に助演し[1]、期待の新人俳優として注目を浴びる。1970年に日活と民藝を離れてフリーとなってからは、各映画会社やテレビで活動を始める。

1975年、『本陣殺人事件』にて主役・金田一耕助を演ずる。

1977年からは『暴れん坊将軍』の徳川宗春役(初代)を演じ、当たり役となる。

1978年から再び絵を始め、同年に個展(2回)を開催した。創作活動はその後も継続して行われ、フランスのル・サロン展にて大賞(「BUNRAKU・狂乱」、1981年)、国際賞(「COUNTRY・故郷」、1982年)を受賞後は、定期的に個展を開催することとなる[1]。

1998年の『GTO』での内山田ひろし教頭役以降、現代劇への出演が増加。

2007年3月31日早朝、毎日放送の生番組『知っとこ!』レギュラー出演のために滞在していた大阪市内のホテルで、高熱を出す体調不良を訴えて救急車で病院に運ばれ、急性肺炎および横紋筋融解症と診断された。ICUで絶対安静の状態であったが、4月3日夕方に一般病棟へ移った。5月に入り大阪市内の病院から都内の病院へ転院して5月15日に退院した。その後、しばらくの自宅療養の後に6月30日放送の『知っとこ!』に生出演し、約3カ月ぶりに芸能界復帰を果たした。復帰の第一声は「地獄からはい上がってきました」であった。
(Wikipediaより)




放送内容は?


番組告知から、

ハロウィンの仮装のなぞ


毎年多くの人が楽しむ「ハロウィンの仮装」。


そういえば、どうして仮装するのかなぁ


歴史と文化の不思議が明らかになるんだって。


時期的にぴったりの話題ですね!



フィギュアスケートの意味


「フィギュアスケート」の問いでは、意外なスポーツの歴史と伝説のスケート選手が登場。


村上選手もゲストだし、フィギアの歴史って知りたいですね。



校長先生の話


校長先生の話って、朝礼の時の話かなぁ。


スタジオがびっくりする答えってどんなのだろう?



カラスのキョエちゃんが登場するコーナー


警察署長さんのおたよりを紹介しますとのこと。


きっと、キョエちゃんへの新しい仕事の依頼かな?



見逃しがちな疑問が次々と。


身近な疑問にこそ驚きと感動がありますね。


家族みんなでたのしめそうです!


ほんと、世の中は素朴な疑問に満ちているね。


きっと、あっという間の45分。


チコちゃんと、岡村さん、ゲストの皆さんのやり取りが楽しみ!


明日の放送が待ち遠しいね!


でも、関西は土曜日までがまん!


残念だなぁ。


今週も、みんなもチコちゃんに気持ちよく叱られちゃいましょう!!







-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.