NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

チコちゃんクイズ

どっこいしょの語源は六根清浄!人間の五感を研ぎ澄まし邪念や迷いを捨てて心が清らかになること!

更新日:

今回は、2018年4月7日放送、第0回「チコちゃんに叱られる!」の2つ目のお話。

「「どっこいしょ」ってどういう意味?」だよ!



なぜなんだろう?


「どっこいしょ」ってどういう意味?


チコちゃん「いつまでも若々しい素敵な大人ってだーれ?」という問いかけで、大竹まことさんが回答者に。


チコちゃん「立ち上がる時に思わず出てしまう言葉ってな~に?」


大竹まことさん、「どっこいしょ」。


ここでチコちゃんからの問題、「どっこいしょってどういう意味?」


大竹まことさん、答えられずにられちゃいました。


チコちゃんの答えは、

「どっこいしょとは、人間の五感を研ぎ澄まし、邪念や迷いを捨てて心が清らかになること」


なんだって?


どっこいしょとは修験者が山を登りながら唱えていた言葉


解説してくれたのは、富士山曹洞宗宝林寺のご住職、千葉公慈さん。

いろいろなテレビ番組に出ているお坊さんですね。


以下、専門家の解説。

「どっこいしょ」とは、修験者が山を登りながら唱えていた言葉。

富士山を登拝して修行する修験者は、「ろっこんしょうじょう」と唱えながら登ります。
(昭和4年の映像)


漢字で書くと「六根清浄」。

これがどっこいしょの起源なんだって!


六根とは「見る」、「聞く」、「嗅ぐ」、「味わう」、「触れる」の5感に「思う」を足したもの。



この6つの感覚を、きれいに清めるのが六根清浄というんだ。


「五感と心を研ぎ澄ませ、修行に集中し、力を発揮できますように」と祈る言葉なんだって。


富士山の登山口で売られている木の杖「金剛杖」には、六根清浄という文字が書かれているんだ。


この言葉は、昔は一般的な言葉として日常生活でよく使われていたんだね。


これを繰り返すうちに、「六根清浄」から「どっこいしょ」と転じたということ。


なぜ年を取るとどっこいしょと言うのか


なぜ年を取るとどっこいしょと言うのかについては、

「仏様に近づいたから。」

とのこと。


知らなかったね!

とっても勉強になりました。


解説してくれたのは


今回の解説は、富士山曹洞宗法林寺の住職 千葉公慈さんだよ。

千葉 公慈(ちば こうじ、1964年 – )さん
日本の仏教学者、駒沢女子大学教授。
専門はインド・チベット仏教教理学。

来歴
千葉県市原市生まれ。
1993年 駒澤大学大学院人文科学研究科博士後期課程(仏教学専攻)満期退学。
文学修士。
2011年に駒沢女子大学人文学部日本文化学科教授に就任。
近年は唯識思想と日本文化論を研究。
市原市の曹洞宗宝林寺(第24世)住職。
曹洞宗教誨師。
テレビ、雑誌、講演などで仏教の教えや生き方を説く。また民俗学や日本人の思想にも造詣が深い。
著書に『心と体が最強になる禅の食』
『そうだったのか!お寺と仏教』
『知れば恐ろしい日本人の風習』
『心の花を咲かせる言葉』
『運がよくなる仏教の教え』(萩本欽一との共著)(Wikipediaより)


富士山曹洞宗法林寺の場所はこちらだよ!
http://sotozen-navi.com/detail/index_220623.html

今回も最後まで読んでくれてありがとう。
別の記事もよろしくね!


2018年4月7日放送、第0回「チコちゃんに叱られる!」の放送内容は下記からどうぞ!

2018年4月7日 チコちゃんに叱られる!パンダは白と黒? 「どっこいしょ」の意味? なんで枕を使うの?







-チコちゃんクイズ

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.