NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

チコちゃんクイズ

なんでクリスマスにクリスマスツリーを飾るの?→キリスト教が機転を利かせたから。常緑樹を飾るマイエ信仰を認めた

更新日:

今回は、2020年12月25日金 チコちゃんに叱られる!「72分拡大版SP▽クリスマスツリーに秘められた謎」の番組内容を紹介。


なんでクリスマスにクリスマスツリーを飾るの?





確かに、疑問もなく、飾ってましたね。


いったいなぜ?





なんでクリスマスにクリスマスツリーを飾るの?


本日の5つめ目の話題。


チコちゃん「ねぇねぇ岡村、この中で一番、クリスマスが似合うステキな大人ってだーれ?」


岡村さんの指名で、杏さんが回答者に。


クリスマスから、ツリーの話題。


チコちゃん「なんでクリスマスにクリスマスツリーを飾るの?」


杏さん「神様に場所を知らせる門松のようなもの。」


チコちゃん「ボーっと生きてんじゃねーよ!」


続いて濱田さんに聞いてみると


濱田さん「トナカイがモミの木が好きだから。」


こちらも、正解に至らず、叱られちゃいました。


チコちゃんの答えは、「キリスト教が機転を利かせたから」



キリスト教が機転を利かせたから


解説してくれたのは、フィンランド大使館勤務、クリスマス文化研究家の木村正裕さん。


もともとクリスマスにクリスマスツリーを飾るという習慣はありませんでした。


クリスマスの起源について、文献では325年と354年の間にローマでクリスマスを祝うようになった記録が。





この時にはまだクリスマスツリーは存在せず、ツリーに関する記載はなし。


クリスマスツリーの起源はヨーロッパ。


12月25日前後に飾られる常緑樹で作られた「マイエ」という飾り。





キリスト教が布教される前からヨーロッパでは伝統的にマイエを飾る習慣がありました。





冬でも緑の葉を保つ常緑樹は生命のシンボル。


ヨーロッパでは冬至・収穫祭などの行事で魔除けとして飾られていました。



このマイエがやがてクリスマスツリーになっていく過程にはキリスト教が大きく関わっている


中世ヨーロッパでは既存の宗教からキリスト教への改宗が進み、ある問題が。





それがマイエの存在。


キリスト教では形あるものを信仰の対象とする「偶像崇拝」を否定。





常緑樹を飾るマイエは認めず。





しかし民衆は伝統的なマイエを決して捨てようとはせず、飾り続けました。




そこでキリスト教ではある決断を。


民衆を取り込むために、マイエを飾る習慣を認めます。


こうしてマイエはキリスト教においても生命の象徴として受け入れられました。





そして、イエス・キリストの誕生を祝う12月25日に飾る習慣がヨーロッパ各地に広まる事に。





今のドイツ南西部にあたる地域ではマイエにモミの木を使っていました。


そこで、いつしかクリスマスにモミの木を飾るように変化。


これがクリスマスツリーの起源。


このモミの木のクリスマスツリーが徐々に周辺エリアに広がっていきます。





さらに王侯貴族が他国と婚姻関係を結ぶようになるとモミの木のクリスマスツリーは一気にヨーロッパ全域へ。


それが次第に世界中に広まってクリスマスツリーはクリスマスのシンボル的存在に。





当時はキラキラとした飾りはなかったツリーが!


当初は、飾りのない一切無いただの木。


しかし、マルティン・ルターがクリスマスツリーに「ろうそく」を灯した事で、飾りをつけるという新たな文化が誕生。


ルターは16世紀当時のカトリックに異を唱え多人物。


プロテスタントと呼ばれる教徒が生まれた宗教改革運動のきっかけを作りました。


ある日、ルターが帰宅するのに夜道を歩いていました。


木の葉の間から星がきらめいているを見かけ、あまりにも美しかった。





そこで、ツリーにろうそくを飾る事を発想。


これ以後、クリスマスツリーにろうそくで飾ると習慣が広まったそう。





そして1879年にエジソンが白熱電球を発明。


するとろうそくは電球へと変わり、現在のようなキラキラとしたクリスマスツリーへ。





木村先生おすすめ、世界一のクリスマスツリー






ブラジル ロドリゴ・デ・フレイタス湖に浮かぶ巨大ツリー






高さ85m


水に浮かぶクリスマスツリーとしては世界最大としてギネスに認定。



イタリア インジニオ山に描かれた巨大クリスマスツリー






900以上ものライトを使ったこの巨大ツリー。


高さ750m、最大横幅450mというサイズで世界一大きなクリスマスツリーとしてギネスに認定。



アラブ首長国連邦 アブダビ エミレーツ・パレス・ホテルのクリスマスツリー






エメラルド、サファイア、ダイヤモンドなど181点もの装飾品が飾られたツリー。


総額およそ11億円という世界一高価なクリスマスツリー。




(注釈)クリスマスツリーを飾るようになったのは諸説あります。



結論


というわけで、


「なんでクリスマスにクリスマスツリーを飾るの?」は、


「キリスト教が機転を利かせたから」


でした。
 


解説してくれたのは


フィンランド大使館で働くクリスマス文化研究家の木村正裕さん。

木村正裕さん


木村 正裕(きむら まさひろ、1961年1月22日 – )は、駐日フィンランド大使館の上席商務官、クリスマスカードを中心とするクリスマスグッズの収集家、クリスマス文化研究家、切手収集家。

動物生理学専攻。民間会社勤務時は診断薬開発のための基礎研究にたずさわり、尿中IL-6の測定法の開発、抗酸化能の測定系の発明を行う。

その後、1999年に駐日フィンランド大使館に商務官(医療福祉・バイオテクノロジー産業担当官)として着任。その後、上席商務官に就任。2001年にフィンランド健康福祉センター顧問、2002年にフィンランド健康福祉教育プログラム駐日代表に併任される。2004年からフィンランド貿易局健康福祉産業東アジア統括官として、日本およびアジア地域におけるフィンランド高齢者福祉コンセプトの普及啓蒙に勤める。
(Wikipediaより)




今回も最後まで読んでくれてありがとう。
他の記事もよろしくね。


過去放送日別一覧ページ


各回放送内容・放送日別一覧








-チコちゃんクイズ

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.