NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

チコちゃんクイズ

なんで空がドンヨリだと憂鬱になるの?→現代人が働き者だから。晴れは働き雨は休む遺伝子が繁栄、自律神経と関係。産業革命で変化

更新日:

今回は、2021年7月2日金 チコちゃんに叱られる!「▽ドンヨリ空と憂うつ▽男爵いも秘話▽円周率の謎」の番組内容を紹介。


なんで空がドンヨリだと憂鬱になるの?




確かに天気がわるいと仕事に行くのが嫌になりますね。


いったいなぜ?






なんで空がドンヨリだと憂鬱になるの?


本日の1つめ目の話題。


最初のゲスト紹介。


本日のゲストは、初登場の堀田茜さんとオリジナルメンバーの野々村真さん。


早速1問目へ。


チコちゃん「ねぇねぇ岡村、この中で一番、憂鬱な表情もステキな大人ってだーれ?」


ゲストの2人とも、憂鬱そうな表情の演技をしています。


岡村さんの指名で、堀田さんが回答者に。


チコちゃん「朝起きてすごく天気がいいとどんな気分になる?」


堀田さんは、元気になりウキウキすると回答。


チコちゃん「くもりとか雨の日は?」


堀田さんは、うれしくない、憂鬱などと回答。


チコちゃん「なんで空がドンヨリだと憂鬱になるの?」


堀田さんは、「人間も自然の一部だから、分子レベルで天気に左右される。」といった趣旨の回答。


正解に至らず、叱られちゃいました。


チコちゃんの答えは、「現代人が働き者だから」



現代人が働き者だから


解説してくれたのは、明治大学の石川幹人教授。


天気が悪い日に憂鬱な気分になってしまう理由のルーツは今から約30万年前。


アフリカで誕生したといわれる人類の祖先ホモ・サピエンス。


狩りで獲物を捕まえたり、木の実を採集したりして食料を調達していた時代。


その後、何度も氷河期を乗り越えて少しずつ人口を増やします。





ところが氷河期のピークを迎えた約7万年前に食料が激減。


一部の人々はアジアやヨーロッパなど世界中へ。


これまでとは違う環境で生き残らなければならなくなりました。





ここで重要となって来るのが「どんな遺伝情報を持っている人」が生き残れるか?



この頃の人間が持つ遺伝情報について、天気に関係する特徴を考慮しつつ3つのタイプに大別


Aタイプ




晴れていると活発に行動し、曇り・雨だと活動せず休息モードになる


Bタイプ





天気に関係なくいつでも活動的


Cタイプ





晴れの日には休息モードになり、曇り・雨だと活動的


この3タイプが存在したとすると、


晴れの日にはAタイプとBタイプが外に狩りに出かける事になります。




晴れの日は獲物が見つかりやすいので沢山の食料を確保できるチャンスがアップ。


つまり子孫繁栄には有利。


この時Cタイプは休息モードになっているので獲物ゲットの絶好機を逃し子孫繁栄には不利に。


下手をすると飢え死にするリスクもアップ。


そして雨の日


Bタイプは常に行動的な遺伝情報が災い。


悪天候で無茶な狩りで体調を崩して病死したり、事故死するリスクがアップ。





Cタイプも同様。


一方、Aタイプは天気が悪い日はじっとしているのでこれらのリスクは回避。


つまり食べ物をより多く確保しリスクを最小限に抑えて生存競争を勝ち抜くためにはAタイプが最も生き残りやすい。


こんな事が何万年も繰り返されて行けばどんどんAタイプの人たちだけが生き残るように。


その結果現代人はAタイプの遺伝情報を受け継ぐ人が多い。


そしてこの天気と気分には自律神経が大きく関係。


ここからは、自律神経のスペシャリスト順天堂大学の小林弘幸教授の解説。


自律神経とは生命維持に必要な内臓の働きをコントロールしている神経系。





自律神経には活動的な交感神経とリラックスを司る副交感神経が存在。


晴れの日は暖かくて外も明るい。


交感神経が活発になって「今は動く時!」と心拍数も上がり活動量も増える傾向に。


反対に雨や曇りの日には気圧の低下によって呼吸が浅くなり酸素濃度が減少しリラックスモードに。





このように現代人の多くは自律神経の働きによって晴れた時は活動的で天気が悪い日はリラックスモードに。



リラックスしているのに憂鬱?


この原因は、18世紀後半に起こった産業革命。


産業革命以前の労働は農業や漁業などが中心。


晴れの日に働いて雨の日に休むというのが一般的。


これが産業革命によって大きく大変革。


「天気に関係なく一年中働く」という労働環境が誕生。


つまり働き者になってしまった現代人。


空がドンヨリしていて体はリラックスモードに入りたがっています。


しかし、仕事があるせいで無理やりやる気を起こしている状態。


これが憂鬱な気分を引き起こす原因とのこと。



結論


というわけで、


「なんで空がドンヨリだと憂鬱になるの?」は、


「現代人が働き者だから」


でした。
 


塚原アナから補足


中には雨や曇りの方が好きという人がいるのは、雨が降っても食べ物がとれる地域にいた人の子孫。





「雨の日は休め」という遺伝情報が失われた為に天気の悪さで憂鬱な気分になる事が少ないのではという先生の見解。


他にも雨の日に良い思いをしたという体験を重ねる事で雨の日が好きになるケースもあるとのこと。



解説してくれたのは


明治大学の石川幹人教授


イシカワ マサト Ishikawa Masato
石川 幹人
所属 明治大学 情報コミュニケーション学部
職種 専任教授

■ 学歴
1.
(学位取得) 東京農工大学 博士(工学)
2. 1982/04~1983/03 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 物理情報工学 修士課程中退
3. 1978/04~1982/03 東京工業大学 理学部 応用物理学科 卒業 理学士

■ 職歴
1. 2004/04 情報コミュニケーション学部 教授
2. 2002/04~2004/03 明治大学 文学部 教授
3. 2002/04~2003/03 デューク大学 工学部 客員研究員
4. 1997/03~2002/03 明治大学 文学部 助教授
5. 1996/04~1997/03 明治大学 法学部 兼任講師
(大学HPより)



明治大学


明治大学(めいじだいがく、英語: Meiji University)は、東京都千代田区神田駿河台一丁目1番地に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は明大(めいだい)。

大学全体

開学記念碑(東京・有楽町)
江戸幕府の洋学所の伝統を引き継ぐ大学南校から優秀な生徒を抜擢して設立された司法省明法寮で学び、司法省法学校の第一期卒業生となった青年法律家達が、「近代市民社会を担う聡明な若者を育成する」ことを目指し、1881年に創設した明治法律学校を前身とする[1]。日本で西洋近代法を習得した第一世代にあたり、明治期の日本の司法を支えることとなった、司法省法学校の第一期生の過半数が明治大学の創設に関与している。創立期のメンバーからは民法起草に携わった法曹や大審院院長などの他、西園寺公望(第12・14代内閣総理大臣)など、政治家や外交官として活躍した者などが多く誕生している。


和泉キャンパス(明大前)
有楽町数寄屋橋内の旧島原藩上屋敷「三楽舎」を校舎として開校したが、その後、1910年に駿河台の小松宮邸跡に移り、以来、同地に本部を構え現在に至る。駿河台を含む御茶ノ水エリアは文教施設が集積し、「日本のカルチェ・ラタン」とも称される日本を代表する学生街となっている。本部以外に、東京都に2キャンパス、神奈川県に1キャンパスを設置[2]。10学部及び大学院12研究科と、高度専門職業人の養成を図る専門職大学院(ガバナンス研究科、グローバル・ビジネス研究科、会計専門職研究科、法務研究科(法科大学院))を擁する総合大学である。

入試に於いては、実志願者数[3]や、「生徒に人気の大学」ランキング[4]などで、例年トップクラスにランキングされている。 大学の略称は「明大」であり「めいだい」と発音するほか、 和泉キャンパス最寄には「明大前駅」が存在する。 学校法人明治大学は、大学名として商標「明治大学」 称呼「メイジダイガク、メイジ」 を商標登録(登録商標日本第3043764号)しているほか、略称として商標「明大」称呼「メイダイ、メーダイ」も商標登録(登録商標日本第6049745号)をしている。

理念
創立時からの伝統によって確立された建学の精神「権利自由、独立自治」[5]に基づき、自由と自治の精神を養うことを理念とし、「知の創造と人材の育成を通し、自由で平和、豊かな社会を実現する」ことを大学の使命としている[6]。

国際社会を牽引する「世界に開かれた大学」を目指すとしている[6][7][8]。大学の公式パンフレット等[9] では 「個を強くする[6][7][8] 都心型大学」をキャッチフレーズとして使用することも多い。
(Wikipediaより)




今回も最後まで読んでくれてありがとう。
他の記事もよろしくね。


過去放送日別一覧ページ


各回放送内容・放送日別一覧








-チコちゃんクイズ

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.