Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

事前告知チコちゃんに叱られる!「なぜニワトリは首を振りながら歩く?ほか」2019年2月22日(金)NHK総合 午後7時57分から (再放送翌土曜午前8時15分から)

投稿日:

チコちゃんファンの皆様!






「チコちゃんに叱られる!」​は、2月22日金曜日、NHK総合 午後7時57分~ 午後8時42分
(再放送は、翌土曜日、午前8時15分~ 午前9時)


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知です!


チコちゃんに叱られる!「なぜニワトリは首を振りながら歩く?ほか」

番組告知

あたふたするのは岡村さんだけではありません。雛形あきこさんは目を白黒。田中要次さんも粘りますが結局叱られてしまいます。他にも「ろくでなし」の「ろく」って何?では日本語の歴史が見えてきます。なぜレジ袋を使う?では意外な誕生秘話が。そして爪についての疑問では、人体の不思議が明らかになります。学校や職場で話題にしたいものばかり、ぜひ、家族で楽しんでください。キョエちゃんには「出張依頼」が舞い込みます。

【出演】岡村隆史,【ゲスト】雛形あきこ,田中要次,【リポーター】塚原愛,【声】木村祐一,【語り】森田美由紀
(NHK番組ホームページより)




今回のゲストは、


雛形あきこさん、田中要次さん!



雛形あきこさん






雛形 あきこ(ひながた あきこ、1978年1月27日 – )は、日本の女優、タレント、元グラビアアイドル。所属事務所はサンズエンタテインメント。
東京都江戸川区生まれ。父親の出奔に伴い東京都足立区西新井へ転居。足立区立興本小学校卒[1][出典無効]、足立区立扇中学校卒[2][3][出典無効]、東京都立江北高等学校(定時制)中退。1992年、中学2年の時にドラマ『おべんきょう』(TBS) で女優デビュー。当時は本名の「明子」名義であり、劇団東俳に所属。劇団時代にイエローキャブ(当時)社長の野田義治に見出され、自宅でスカウトされる。雛形という苗字がめずらしかったので電話帳で自宅を調べて、押しかける形となった。本人曰く「人さらいが来たと思った」。1994年、フジテレビビジュアルクイーンに選ばれる。同年、第10回日本メガネベストドレッサー賞・特別賞を受賞。

1996年、第33回ゴールデン・アロー賞グラフ賞受賞[注 1]。同時期にグラビアから女優業へシフトするようになりイエローキャブから有限会社サンズへ移籍。1996年と1997年の11月、テレビ朝日『27時間チャレンジテレビ』のニュースチャレンジステーションのキャスターに挑戦。1997年、スクーバダイビング関連会社のイメージキャラクターとして、プロのモデルダイバーを務める。1998年5月、CMディレクター山本一磨と結婚し、2000年5月11日に長女を出産。2003年11月28日に山本と離婚。2004年、イエローキャブ・サンズ分裂時のお家騒動では野田義治について行き、株式会社化されたサンズエンタテインメントに引き続き所属。2008年、東京都交通局日暮里・舎人ライナーの開業へ向け、「地元出身応援団」の1人に選ばれる。

2010年、『水戸黄門』レギュラー出演。同年7月2日発売の週刊誌「フライデー」にて、俳優の天野浩成との熱愛が報じられ、自身のブログでは「報道の通り、仲良くさせていただいています」とコメント。2013年3月25日、天野と結婚した。この天野との結婚に際しては天野が雛形の戸籍に入籍する(婿養子)形であったことが2018年になってから明らかにされた[4]。

1995年より『めちゃ²モテたいッ!』にレギュラー出演し、後継番組である『めちゃ²イケてるッ!』も併せて22年レギュラー出演した。
(Wikipediaより)




田中要次さん







田中 要次(たなか ようじ、1963年8月8日 – )は、日本の俳優、タレント。別名はBoBA(ボバ)。

長野県西筑摩郡新開村(現・木曽郡木曽町)出身。血液型はA型。長野県木曽山林高等学校(現長野県木曽青峰高等学校)林業科卒業。所属事務所はザズウ。元国鉄職員、JR東海社員。身長178cm。左利き。大型自動二輪免許所持。

1982年、日本国有鉄道長野鉄道管理局(現・JR東日本(東日本旅客鉄道)長野支社)に就職。最初の勤務地は塩尻駅構内にあった上諏訪保線区塩尻支区(現松本保線技術センター)であった[1]。

1987年の国鉄分割民営化にともない、JR東海(東海旅客鉄道)の東海鉄道事業本部社員となり、岡崎保線区に配属され、大府駅や安城駅構内の職場に勤務した。その頃から映画館通いが頻繁となり、愛知、岐阜、三重を渡り歩き、地元の映画上映サークルと交流を深める。

1989年、親交のあった山川直人監督からオファーを受け、ミュージック・ビデオ『佐木伸誘 / SEEK AND FIND』(1990.2.7発売) に出演。

1990年12月8日にJR東海を退職(田中自身はこれを“脱線”と称している)、俳優になる事を志して上京。この退職日はジョン・レノンが逝去してちょうど10年の日であり、国鉄時代からサラリーマンとしての期間が8年8カ月8日であった。

1991年、照明技師の安河内央之に師事し、竹中直人監督『無能の人』の照明助手として参加。竹中の目に留まった田中は同作品にエキストラとして出演。同年の舞台『竹中直人の会 / 鉢植を持つ男』に舞台監督助手を兼ねて、神戸浩の代役としても参加した。その後も職種を問わず、俳優だけでなく撮影スタッフとしても照明助手の他に録音助手、ドライバー、付き人なども経験しながら、数多くの映像製作に携わった。

1994年、竹中直人監督『119』で、照明機材トラックの運転中に事故を起こした事をきっかけに、スタッフ業から退き、俳優に専念するようになる。

1994年から1998年まではバイク便ライダーをやりながら生計を繋いでいた。

2001年、TVドラマ『HERO』にバーテンダー役でレギュラー出演した際の台詞「あるよ!」[3]が話題となって人気を博し、これをきっかけにバラエティにも進出した[4]。

2003年、オムニバス映画『刑事まつり 一発大逆転』で短篇「窯岡刑事 / Coming Out Cop KAMAOKA」の監督を果たし、以降も『奪われた刑事 / Snatches』 (2004) など、短編作品を撮り続けている。

2015年、短編映画『ドラムマンz バチがもたらす予期せぬ出来事』の監督を務める[5]。

2017年、映画『蠱毒 ミートボールマシン』で映画初主演[6]。
(Wikipediaより)





放送内容は?


番組告知から、

なぜニワトリは首を振りながら歩く?


確かに前後に揺らせながら歩いていますね。

バランスをとるため?



「ろくでなし」の「ろく」って何?


これは、考えたこともなかった。


番組が楽しみです。



なぜレジ袋を使う?


意外な誕生秘話があるそう。

海外でもあるのかな?



爪ってなに?


皮膚の一部じゃないのかな?

人体の不思議が明らかになるそう。



身近なのに考えたことのない疑問ばかりですね。


キョエちゃんのおはがきコーナーも楽しみです。


みんなで楽しく拝見しましょう!









-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.