Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

チコちゃんに叱られる!年とると涙もろくなるのは?バスケットのボードは何? 2018年11月16日(金)NHK総合 午後7時57分から (再放送 翌土曜 午前8時15分から)

投稿日:

チコちゃんファンの皆様!




「チコちゃんに叱られる!」​は、金曜日、NHK総合 午後7時57分から!
(再放送は翌日土曜日、午前8時15分から)


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知!


11月16日金曜 NHK総合1 午後7時57分~ 午後8時42分
(再放送は翌日土曜日、午前8時15分から)



チコちゃんに叱られる!▽年とると涙もろくなるのは?▽バスケットのボードは何?



番組告知

チコちゃんに叱られる!▽年とると涙もろくなるのは?▽バスケットのボードは何?

背が伸びないのは、意外な体の仕組みが原因。その仕組みを劇場風にお伝えします。涙もろくなる理由は科学的なアプローチにより明らかに、バスケットボールのボードには驚くべきスポーツの歴史が隠されていました。スマホのタッチパネルにも科学の不思議が詰まっています。キョエちゃんのおはがきコーナーでは誰もがびっくりの人物のおたよりを紹介。すぐに誰かに話したくなる内容満載でお送りします。家族で楽しんでください。

【出演】岡村隆史,【ゲスト】はいだしょうこ,大竹まこと,【リポーター】塚原愛,【声】木村祐一,【語り】森田美由紀
(NHK番組ホームページより)




今回のゲストは、



はいだしょうこさんと大竹まことさんだよ!



はいだしょうこさん






はいだしょうこオフィシャルブログ「しょうこのメーメーblog」


はいだ しょうこ(1979年3月25日 – )は、日本の歌手、女優、タレント、声優である。
宝塚歌劇団所属時の芸名は、千琴 ひめか(ちこと ひめか)。
東京都出身。宝塚歌劇団84期生。
NHK『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさん。
東宝芸能を経てホリプロ所属。歌劇団在団時の愛称は「ショーコ」。

生い立ち
父は前国立音楽大学准教授で、現ミュージカルアカデミー ドリーム学院長、国際ディオ協会会員、立川市地域文化振興財団評議委員の拝田正機[1]。母は声楽家で、ミュージカルアカデミー ドリーム声楽コース講師[2]。姉は薬剤師。はいだ曰く「歌う薬剤師」で、はいだのソロCDにコーラスで参加したり、コンサートにゲスト参加したこともあり、はいだのブログにもたびたび登場している[3]。

父の仕事の都合で幼少期の2年間はニューヨークで過ごす。その間、3歳の時にニューヨーク在住の日本人の子供を集めて歌を歌うというテレビ局の企画で人生初のテレビ出演を果たす[4]。

小学校在籍時には「全国童謡コンクール」でグランプリ賞受賞[5][6][注 1]。また9歳から中田喜直に師事し[注 2]、童謡・ポップスを学び、この頃から童謡歌手としてコンサート活動を行っていた。国立音楽大学附属高等学校声楽科に進学[5]。

モデルクラブにも所属していたことがあり、1985年にはみりん(家醸本みりん)のCMに出演していたことがある[7]。

宝塚歌劇団
中学2年生の時より本格的に宝塚歌劇団を目指し[8]、高校2年生の時に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格して、国立音楽大学附属高等学校声楽科を中退し入学。宝塚音楽学校卒業時には「オペラ部門主席/ポピュラー部門最優秀歌唱受賞」を受賞。

1998年に音楽学校を卒業後、『千琴ひめか』の芸名で宝塚歌劇団に入団(84期)[6]。同期には遠野あすか、白羽ゆり、音月桂、桐生園加らがいる。宙組公演『シトラスの風』で初舞台を踏み、組み回り出演を経て星組に配属。主に娘役として活躍したが、いわゆる『トップ』(主役)の経験はない。

2001年には星組公演『ベルサイユのばら2001』で、通常最低でも6年目以上でないと務められないとされるエトワール[注 3] を異例の入団3年目で務めた[6]。2002年秋、宝塚歌劇団を退団[6]。

『おかあさんといっしょ』 うたのおねえさん
その後、2003年4月7日から2008年3月28日までの5年間、NHKの未就園児向け番組『おかあさんといっしょ』の第19代目うたのおねえさんとして活躍した[6]。宝塚歌劇団出身のうたのおねえさんは第8代目の森晴美以来となる歴代2人目。就任時に「たくさんの子供達に自分の名前を覚えてもらいたい」という理由で、芸名を本名(のひらがな表記)の『はいだしょうこ』に戻した。

番組で共演したうたのおにいさんは第10代目の今井ゆうぞう。共演したたいそうのおにいさん、おねえさんは、最初の2年間は佐藤弘道ときよこ(当時:タリキヨコ)、その後の3年間は小林よしひさといとうまゆ。

卒業後
うたのおねえさん卒業後はソロ歌手、女優、タレントとして活躍中であるが、「おかあさんといっしょ」のファミリーコンサート[注 4] やぐ〜チョコランタンのファミリーコンサート・NHKの子供番組キャラが集合したコンサートやバラエティー番組等にも出演している。

2008年、BS-i(現在のBS-TBS)で、北京五輪スポーツキャスターに抜擢される。

2009年、10月よりフジテレビ系『笑っていいとも!』の毎週火曜日にレギュラーとして出演。また8月にはソロ歌手として初の大人向けのライブを行う。ちなみに『いいとも!』では、一部ネット局を除き『FNNスピーク』終了とともに放送される15秒間の予告で、その日の内容を替え歌で歌っていた。当然15秒では収まりきらないので途中で切られる。

2010年、10月よりスタートする子ども・アニメ専門チャンネル「キッズステーション」で放送される子供向け音楽番組の『うたばこ』で初めてのMCを務める。また、秋の火災予防運動ポスターモデルに協力したことから、東京消防庁より消防総監感謝状が贈られた[9]。

「おかあさんといっしょ」を卒業した当初は個人事務所を作って芸能活動をしていたが、2011年3月1日に東宝芸能に所属事務所を移籍。3月7日には、初フォトエッセイの「しょうこの虹色メロディー」を出版。同年3月29日、『笑っていいとも』を卒業。

2013年8月に所属事務所をホリプロに移籍[10]。

2016年にはNHK大河ドラマ『真田丸』に浅井三姉妹の次女・初役で出演し、大河ドラマ初出演を果たす[11]。
(Wikipediaより)




大竹まことさん


大竹まことさんは、誰でもが知っている超有名芸能人ですね。




大竹 まことは、日本のお笑いタレント、俳優、ラジオパーソナリティ。
斉木しげる・きたろうの3人で構成するシティボーイズの一員。
本名、大竹 真(読み同じ)。
東京都目黒区出身。
ASH&Dコーポレーション所属。

来歴・人物
眼鏡とヒゲが特徴的。趣味は料理とゴルフ[6]。高校生の頃は、TBSラジオの番組『パックインミュージック』のパーソナリティだった野沢那智と白石冬美に憧れ、DJになりたかったと言う[7]。

1971年秋、通っていた劇団「俳優小劇場」の養成所が入所して間もなく養成所の幹部の間で内紛があったため、直談判の結果、費用を返金してもらう。その仲間が集まり、返金された金を元に劇団「表現劇場」を結成。この時の仲間に、のちにシティボーイズを結成するきたろう、斉木しげるの2人と俳優の風間杜夫が在籍[7]。1979年、きたろうと斉木、大竹の3人からなる芝居ユニット「シティボーイズ」を結成[2]。劇団時代はアルバイトなどをせず、女性に経済的な援助を受けるヒモ生活を送る[8]。

新進気鋭の役者としてテレビの露出が増えていく風間の芝居を鼻で笑って腐していたが、ある日、手持ちの金が無く同居の女性に金銭を要求したところ、財布から500円玉を手渡され、全く収入の無い現状を認識して狼狽。ある公開イベントでプログラムを勝手に書き換え、何回かあるプログラムの合間にシティボーイズのコントを差し込み、これが業界関係者の目にとまり芝居批評の記事になる。タレント業として芸能事務所「人力舎」と契約、初起用にクイズ番組の司会を受け持つが、番組進行中取り乱し、昏倒。放送媒体においては、シニカルなキャラクターから一転して、憤激して暴力と罵詈雑言で暴れるというタレントとして認知され、テレビ局から出入り禁止とされるほどの破壊的なキャラクターであった。ピンで活動する場合には常滑川 まことを名乗ることも多かった[7]。

1980年代初頭、上岡龍太郎が「東京にオモロイ奴が居る」との噂を聞きつけ、大竹を関西の番組に呼んだが、大竹は萎縮してしまって何もできないまま東京に戻る。これで二度と関西から声はかからないだろうと恥じ入っていたが、再び上岡が大竹にオファー、「何しても、ええ(良い)んやで。好きなようにやり(しなさい)」とアドバイスを受けて腹をくくった大竹は罵詈雑言、乱暴狼藉を働く。結果、上岡もひっくり返って笑う程の爆笑を取り、近畿地区に足がかりを築く。上岡に対しては「師と仰ぐ事すら失礼にあたる」と尊敬の念をあらわにしている[9]

若手お笑い芸人への造詣が深く、朝日放送『M-1グランプリ』『ABCお笑い新人グランプリ』、関西テレビ『R-1ぐらんぷり』などの賞レースで審査員を務めていた。なお、弟子に漫談家のユリオカ超特Qがいる[1]。

また、『仮面ライダー』の着ぐるみに造詣が深い[7]。それによると、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』の番組中で何度か過去の回想話があり、「あの頃は大変だった。全国を廻ったりして、自分(=大竹本人)は仮面ライダーの着ぐるみショーの中で怪人や悪役の声を演っていて、ライダーの着ぐるみには風間杜夫が入っていた」とコメントをしている。

1985年4月より放送開始したバラエティ番組『夕やけニャンニャン』にレギュラーで起用され“常滑川まこと”名義で出演していた。これは、シティボーイズで本名を用いていたが、ソロ活動と分けるため、初期の頃のみ使用された。なお、現在と異なり“常滑川まこと”は、かなりの暴走キャラクターを芸風としていた。

1988年頃から、メジャーデビュー前のX JAPAN(当時のバンド名は「X(エックス)」)のYOSHIKIらとの交流を持ち、1991年と1992年には日本武道館で行われた、YOSHIKI主宰のインディーズレーベル「エクスタシーレコード」のイベント「EXTASY SUMMIT」に司会者として参加したことがある[10]。

家族構成は妻と1男1女[11]。長男の大竹涼太はASH&Dコーポレーションでマネージャーをしており、テレビ東京『ゴッドタン』ではたびたび人力舎在籍時に担当であった角田晃広(東京03)と共にバンド(角田バンド→大竹バンドwith角田)出演もしている[12][13]。
(Wikipediaより)




放送内容は?


番組告知から、


年とると涙もろくなるのは?


涙もろくなる理由は科学的なアプローチにより明らかになるそう。



バスケットのボードは何?


バスケットボールのボードには驚くべきスポーツの歴史が隠されているとのこと!



背が伸びないのは?


背が伸びないのは、意外な体の仕組みが原因。その仕組みを劇場風にお伝えするんだって。



スマホのタッチパネル?


スマホのタッチパネルには、科学の不思議が詰まっているんだって。



その他、キョエちゃんのおはがきコーナーでは誰もがびっくりの人物のおたよりを紹介。




見逃しがちな疑問が次々と。


身近な疑問にこそ驚きと感動がありますね。


家族みんなでたのしめそうです!


きっと、あっという間の45分。


チコちゃんと、岡村さん、ゲストの皆さんのやり取りが楽しみ!


明日の放送が待ち遠しいね!


でも、関西は土曜日までがまん!


残念だなぁ。


今週も、みんなもチコちゃんに気持ちよく叱られちゃいましょう!!







-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.