NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!▽ラーメンのどんぶり▽ジャージ▽ストロー 2020年7月17日(金)NHK総合 午後7時57分から (再放送翌土曜午前8時15分から)

投稿日:

チコちゃんファンの皆様!




「チコちゃんに叱られる!」​は、7月17日金曜日、NHK総合 午後7時57分~
(再放送は、翌土曜日、午前8時15分~ )



忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知です!

▽ラーメンのどんぶり▽ジャージ▽ストロー



番組告知


ゲストは夏木マリさんと小林よしひささん。ラーメンどんぶりの謎からは日本の食文化の隠された歴史が、ストローの秘密からは目に見えない科学の不思議が、そしてリラックスできるジャージについてのびっくりの事実も。誰かに話したくなる話題ばかり、お子さんと一緒に楽しくご覧ください。働き方改革は「動物の映像」。おはがきはかわいい猫についてのお悩みです。
(NHK番組ホームページより)




今回のゲスト


ゲストは夏木マリさんと小林よしひささん。


夏木マリさん




夏木 マリ(なつき マリ、1952年5月2日[2] – )は、日本の女優[注釈 1]、歌手。旧芸名及び旧姓は中島 淳子(なかじま じゅんこ)[1]。

東京都豊島区生まれで、小学校3年から埼玉県さいたま市大宮区(旧・大宮市)で育ち[3][4]、県内の小・中学校、豊島岡女子学園高校を卒業[5]。

1971年、19歳の時に本名の中島淳子名義で「小さな恋」にて歌手デビュー[6]。ジャニス・ジョプリンのような曲を歌いたかったが希望は受け入れられず、清純派アイドルとしてデビューした[1]。しかしあまり注目されず、キャバレー回りの日々が続く不遇の時代を過ごす[1]。

1973年、21歳の時に夏木マリ名義で「絹の靴下」を発表し、再デビュー[6]。6月のデビューで「夏に決めよう」から由来した芸名だったため本人は嫌だったというが[6]、妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが盛り込まれた同曲は大ヒットした[1][2]。その後各局の歌番組に続けて出演するなど多忙な日々を過ごすが、低色素性貧血で3か月の入院を余儀なくされ、復帰した時には仕事が激減し、再びキャバレー回りの生活に逆戻りしてしまう[1]。

ヌードダンサーが踊るレビューショー小屋での仕事中、演劇を仕事としている観客に舞台出演に誘われ、舞台の仕事を始める[7]。1990年に単身ニューヨークへ行き、自分も何かを発信してみたいと思うようになる[7]。そして1993年、企画から構成、演出、出演まで全てを手がける舞台表現『印象派』を発表。以降、2006年のvol.8までで9作品[8]・80以上のステージを重ね、国内はもとよりドイツ、フランス、イギリス、ポーランドでも公演を行い、高い評価を得た[9][10]。

1995年、小西康陽からのアプローチを受けミニアルバム『九月のマリ-』を発表[9]。

2006年、ブルースバンド『GIBIER du MARIE』を結成[7]。アルバムのプロモーションビデオの監督も務める。

2007年、パーカッショニストの斎藤ノヴと交際中であると発表し、夏木はこれを「フランス婚」と表現し、籍にこだわらないことを明かしている。[11]

2008年、自らが主宰するパフォーマンス集団「Mari Natsuki Terroir(MNT)〔マリナツキテロワール〕」を立ち上げ、東京都現代美術館での『イン・トランジット』公演を経て[12]、2009年、1人ですべてを手掛けてきた『印象派』から集団での創作へと進化させた『印象派NÉO』を発表[8]。Vol.1『わたしたちの赤ずきん』を上演する[13]。

2010年、支援活動『One of Love』プロジェクトをスタート。バラと音楽のこのプロジェクトは、その収益を途上国の働く女性と子供たちに支援している。毎年6月21日(世界音楽の日)に開催されるGIGにはさまざまなアーティストも参加している。[14]

2011年5月に斎藤と入籍していたことを26日に発表。

2015年、キャリア44年目、62歳で初めての全国ライブハウスツアー「夏木マリ MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2015」を敢行する[15]。

2016年、華原朋美、土屋アンナ、シシド・カフカ、LiLiCoと女性コーラスユニット「and ROSEs」(アンド・ローゼス)を結成[16]。

2018年、レザーブランド「バリー」のキュレーターに就任[17]。「夏木」という漢字と好物のリンゴをイメージしたオリジナルロゴが作られたことや[17]、自身がプロデュースするイベントを夏と冬に2回分けて行うことが発表された[18]。
(Wikipediaより)



小林よしひささん





小林 よしひさ(こばやし よしひさ、1981年(昭和56年)6月29日 – )は、日本の男性タレント、体操インストラクター。本名、小林 剛久(読み同じ)。NHKの番組『おかあさんといっしょ』の11代目たいそうのおにいさん。埼玉県ふじみ野市出身。身長は175cm、血液型はAB型。愛称は「よし おにいさん」[注釈 1][注釈 2]。浅井企画所属。

おかあさんといっしょ就任前
埼玉県立朝霞高等学校時代に剣道を経験し、日本体育大学体育学部へ進学、学生時代には体操部に所属。卒業後も同大学運動方法体操研究室期限付き助手として活動。

大学在学中、2002年(平成14年)5月開催の『おかあさんといっしょ』ファミリーコンサート〜元気いっぱい!たまたまご〜にエキストラ出演。当時たいそうのおにいさんだった先代の佐藤弘道は大学の先輩に当たり、当時から面識があった。

おかあさんといっしょ就任後
2005年(平成17年)4月4日より[注釈 3]、NHKの番組『おかあさんといっしょ』に11代目たいそうのおにいさんとして、いとうまゆ(4代目身体表現のおねえさん)と共に就任。

共演のうたのおにいさんは就任後最初の3年間(2008年3月28日まで)は今井ゆうぞう、次の9年間(2008年3月31日から2017年4月1日まで)は横山だいすけ、最後の2年間(2017年4月3日から2019年3月30日まで)は花田ゆういちろう。うたのおねえさんは、就任後最初の3年間(2008年3月28日まで)ははいだしょうこ、次の8年間(2008年3月31日から2016年4月2日まで)は三谷たくみ、最後の3年間(2016年4月4日から2019年3月30日まで)は小野あつこ。身体表現のおねえさんは就任後前半の7年間(2005年4月4日から2012年3月31日まで)がいとうまゆ、後半の7年間(2012年4月3日から2019年3月30日まで)が上原りさ。体操の他、「すりかえかめん」と「ガラピコパズル」のコーナーを受け持っていた。また、同番組の歌曲においても4名で出演することがあった。

2005年4月4日 – 2014年3月29日は「ぱわわぷたいそう」、同年3月31日 – 2019年3月30日は「ブンバ・ボーン!」[1]を担当。どちらも基本的に、週替わりで数色あるジャージ及びバイザーを着用して行っていた。

2019年2月18日に上原りさと共に同年3月をもって番組を卒業する事が発表され[2]、2019年3月30日の「ファミリーコンサート・旭川」の放送をもって、番組を卒業した。在任期間は14年で、歴代たいそうのおにいさん及び歴代おにいさん・おねえさんの中で在任期間が最長となった[注釈 4]。

NHK紅白歌合戦には2010年・2018年の企画で出演している。

おかあさんといっしょ卒業後
2019年4月1日より浅井企画に所属する事が発表され[3]、同日にブログが開設された[4]。

2019年4月16日に『スッキリ!!』や『踊る!さんま御殿!!』に出演した際に、2016年に一般人女性と入籍し、2018年12月に第一子(女児)が誕生していた事を発表した[5]。

2019年8月7日から放映される『じゃらんnet』の新CMに出演することが発表された[6][7]。

2019年10月25日には『快傑えみちゃんねる』に出演[8]。

2019年12月23日、YouTubeチャンネル『よしお兄さんとあそぼう!』を開設。チャンネルでは子供向けのみならず、父母や教育関係者にも向けた内容を発信していく[9]。2020年4月29日には同チャンネルにて、『おかあさんといっしょ』の一部の歴代おにいさん・おねえさん総勢16人と中西圭三により『ぼよよん行進曲』のリモート合唱を行った動画が投稿され、話題になった[10][11]。
(Wikipediaより抜粋)




放送内容は?


番組告知から、

なんでストローで、ジュースが飲めるの?


ストローの秘密からは目に見えない科学の不思議が明らかに!



ラーメンのどんぶりの謎


ラーメンどんぶりの謎からは日本の食文化の隠された歴史が明かされます。



ジャージの秘密


リラックスできるジャージについてのびっくりの事実が!




そして、働き方改革のコーナーは「動物の映像」。


おはがきはかわいい猫についてのお悩み。


誰かに話したくなる話題ばかりですね。


みなさんと一緒に楽しくご覧ください。













-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.