NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!▽フライドポテトの秘密▽葉っぱが落ちる謎 2020年11月6日(金)NHK総合 午後7時57分から、再放送翌土曜日8時15分から

更新日:

チコちゃんファンの皆様!


「チコちゃんに叱られる!」​は、


11月6日金曜日、NHK総合 午後7時57分~


再放送は、翌日土曜日8時15分から。


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!



NHKの番組告知です!

▽フライドポテトの秘密▽葉っぱが落ちる謎


番組告知


ゲストは中条あやみさんと高橋英樹さん。葉っぱが落ちる理由にはしたたかな生き物の戦略が隠れています。フライドポテトって止まらない、そのわけが科学的にわかってきます。そして大好きなホットケーキとパンケーキ、意外な歴史と真実が。キョエちゃんのはがきコーナーでは、お父さんのある行為のお悩み。言われたら確かに、という話題ばかり。ご家族でお楽しみください。
(NHK番組ホームページより)




今回のゲスト


ゲストは中条あやみさんと高橋英樹さん。


中条あやみさん






中条 あやみ(なかじょう あやみ、1997年2月4日 – )は、日本のファッションモデル、女優。テンカラット所属[2]。大阪府大阪市阿倍野区出身[3]。

1997年、イギリス人の父と日本人の母のあいだに生まれる[4]。幼少の頃は少しだけキッズモデルをやっていた[5]。撮影後にチョコレートを買ってもえるのが嬉しくて続けていたため、当時はモデル志望ではなく、中学までは普通の生活を送っていた[5]。

14歳の時、家族でグアム旅行中、グアムの空港で現在の事務所にスカウトされ芸能界入り[6]。

2011年、女性ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」に応募[7]。新川優愛、坂東希、橋爪愛と共にグランプリに選ばれる[8]。 翌年、『東京ガールズコレクション 2012 SPRING/SUMMER』にモデルとして初参加[9]。同年、テレビドラマ『黒の女教師』(7月20日 – 9月21日、TBS系)の梅原優役で女優デビュー[10]。

2014年9月26日公開の『劇場版 零 ゼロ』にて映画初主演を務める[11]。

2015年5月1日、『Seventeen』2015年6月号にて初の単独表紙を務めた[12]。また、若手女優の登竜門と呼ばれる「ポカリスエット」のCMに出演[13]。

2016年、フランス・パリで行われたシャネルの春夏オートクチュールでは日本人では史上最年少でフロントロウからコレクションを鑑賞[14]。以降シャネルのアンバサダーを務めている[15]。 中条の地元でもある大阪を舞台とした映画『セトウツミ』でヒロインを務め、第71回(2016年)毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞[4]。 10月には『アナザースカイ』(日本テレビ)の5代目女性MCに起用されるなど活躍の場を広げる[3]。 『Seventeen』2017年6月号をもって、同誌専属モデルを卒業[16]。『CanCam』(小学館)2017年11月号から同誌の専属モデルとなり[17]、同時に加入第1号で単独表紙を務めた[18]。

2017年、『覆面系ノイズ』に登場する覆面バンド「in NO hurry to shout;」のボーカル&ギターとして、劇中曲「Close to me」でソニー・ミュージックレコーズからメジャーデビュー[19][20]。

2018年3月31日に開催された「第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING / SUMMER」ではトップバッターを務め[21]、翌2019年3月30日に開催された「第28回 東京ガールズコレクション 2019 SPRING / SUMMER」でも同じくトップバッターを務めた[22]。

2019年4月スタートの『白衣の戦士!』で連続ドラマ初主演(水川あさみとのW主演)[23]。

2020年2月29日、東京・代々木第一体育館で、『第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER』が開幕し、ランウェイトップバッターを務めた。なお、新型コロナウイルス感染防止のため、初の無観客開催となった[24]。
(Wikipediaより)



高橋英樹さん






高橋 英樹(たかはし ひでき、1944年2月10日[1] – )は日本の俳優[1]、タレント、司会者、会社役員。千葉県木更津市出身。身長181cm、体重80kg、血液型はB型[1]。かつての所属事務所はアイウエオ企画で、2019年2月1日から長女の真麻と共にグレープカンパニーに移籍[2]。 また、アイウエオ企画の取締役も兼任。愛称は、ナイスガイ。この愛称は、1962年に週刊平凡誌上で公募を行った上で決定された(応募総数14,532通のうち3,826通と圧倒的多数を占めたのが「ナイスガイ」だった)[3]。

妻は元女優でアイウエオ企画取締役でもある小林亜紀子。長女はフリーアナウンサーの高橋真麻。

生い立ち – 日活時代
父親は教職者で、高校の校長を務めた[4]。命名は当時の東條英機首相にちなんだものである[5]。兄弟は姉二人(9歳上と8歳上)に6歳上の兄[6]。

船橋市立二宮小学校、千葉市立検見川小学校、千葉市立緑町中学校を経て、私立市川高等学校入学[6]。

1961年、高校在学中に日活ニューフェース第5期として日活株式会社に入社。第5期の同期には、中尾彬や竜崎勝(高島郷と高島彩の父)がいる。同年の映画「高原児」でデビュー。


1962年
1962年(昭和37年)、撮影所内で事故死した赤木圭一郎の代役として日活より『激流に生きる男』で主演格となる。大部屋(仕出し)を経験せず、いきなり役付きで出演するという、当時の新人俳優としては異例のデビューとなった。

1962年に日本大学芸術学部入学(翌年に中退[4])。

1963年(昭和38年)、『伊豆の踊子』では吉永小百合の相手役を務める。この年から数年間、『男の紋章』シリーズを初めとする任侠映画の主演スターとして活躍するようになる。この時期、浅丘や浜田光夫など日活の若手俳優の多くが裕次郎を慕って石原プロモーションに在籍する中、堅実かつ貪欲に自らの可能性を探っていた高橋は淡島千景の事務所に所属。

1966年(昭和41年)には青春映画『けんかえれじい』の主役・南部麒六を演じた。しかし、映画界の斜陽、観客数減少に歯止めがかからず、日活は1971年(昭和46年)秋に低予算のポルノ映画制作に路線変更が決定する。これを機に高橋は日活を離れ、本格的にテレビへ活躍の場を移す。

1968年(昭和43年)、NHK大河ドラマ『竜馬がゆく』で土佐勤王党の盟主・武市半平太役で時代劇初出演。及び、1970年(昭和45年)の『旗本退屈男』(フジテレビ系)にも主演。これらを皮切りに1970年代から1990年代前半にかけて時代劇俳優としての地位を確立する。

1973年(昭和48年)、松竹作品の映画『宮本武蔵』(監督:加藤泰)に主演。以降も原点である映画への思いは持ち続けていたが1976年(昭和51年)以降は映画から離れている。

1976年(昭和51年)の『桃太郎侍』(日本テレビ系)、1982年(昭和57年)の『遠山の金さん』(テレビ朝日系)1987年(昭和62年)からは『三匹が斬る!』(テレビ朝日系)に主演し、いずれも自身の代表作の1つとなる。

その後はテレビ・舞台を中心に活動し、時代劇のみならず現代劇作品やバラエティ番組への出演など多岐にわたる。
(Wikipediaより)




放送内容は?


番組告知から、

フライドポテトの秘密


フライドポテトって止まらない、そのわけが科学的にわかってきます。



葉っぱが落ちる謎


葉っぱが落ちる理由にはしたたかな生き物の戦略が隠れています。



ホットケーキとパンケーキの違い


意外な歴史と真実が。


キョエちゃんのはがきコーナーでは、お父さんのある行為のお悩み。


言われたら確かに、という話題ばかり。


ご家族でお楽しみください。







-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.