NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

チコちゃんクイズ

ストラディヴァリウスはなんで高いの?→300年経った今でも再現できないから

更新日:

今回は、2021年12月17日金 チコちゃんに叱られる!「▽かゆいってなに▽あの名器の謎▽から揚げの秘密」の番組内容を紹介。


ストラディヴァリウスはなんで高いの?




たしかに古い楽器でもストラディヴァリウスは別格ですよね。


いったいなぜ?




ストラディヴァリウスはなんで高いの?


本日の2つめ目の話題。


チコちゃん「ねぇねぇ岡村、この中で一番、音楽に精通しているステキな大人ってだーれ?」


岡村さんの指名で、川田さんが回答者に。


音楽からバイオリンの話題。


チコちゃん「ストラディヴァリウスはなんで高いの?」


川田さん「作られた数が少ないから」や「使われている弦や木材などが貴重だから。」と正解に近い答え。


川田さん「安くすると下手な人にも弾かれてしまうから。」


と答えて叱ら得ちゃいました。


チコちゃんの答えは、「300年経った今でも再現できないから。」



300年経った今でも再現できないから


解説してくれたのは、バイオリン職人の堀酉基さん。


ストラディヴァリウスはイタリアの天才楽器職人、アントニオ・ストラディヴァリが製作した楽器。





高い物だと10億を超えるバイオリンの名器。


現在のバイオリンのスタイルを確立したともいわれるストラディヴァリ。


生涯で1000以上のバイオリンを製作し、そのうち現存しているのが約500。


戦争や災害などを乗り越えて、製作から300年以上の歴史的価値の高い楽器。


ストラディヴァリウスの価値は、古いに加えて、今の技術をもってしても超える事が出来ない最高傑作だから。





バイオリニストの三浦文彰さんは日頃からストラディヴァリウスを演奏。


お値段は6~7億円。


ストラディヴァリウスとそれ以外のバイオリンの違いについて聞いてみると、


三浦さん「全然違います。弾いていて、こういう弾き方をするとこういう音色が鳴るんだ、みたいな発見が結構あります。今でもまだ可能性を感じるというか。自分も教えてもらってる感じ。」


約20年に渡って弾き続けているという千住真理子さんにも聞いてみると


千住さん「生き物とぬいぐるみの違いほど違います。音を出した瞬間に楽器の音以上の生き物の声が聴こえてくる。私の心がそのまんま楽器から出てくるんです。」


と絶賛。



現代のバイオリン職人たちはストラディヴァリウスの再現に日々挑んでいますが、やはり再現できていないとのこと。


アントニオ・ストラディバリは詳細は楽器の製法を文献などに残していません。


現代の職人たちは残された楽器を調査してその材料は作り方を研究しています。


それでもはっきりとした正解は未だに分からないそう。



研究者が発見したストラディヴァリウスの音の秘密


木材



通常、木の成長は冬に比べて夏の方が速くなります。


これは年輪を見ると明らか。


冬目と呼ばれる色の濃い部分は成長がゆっくりなので木の密度が高く、夏目と呼ばれる白い部分は速く成長するので密度が低くなります。





そしてこの冬目が細くて間隔が一定だとバイオリンの音色は均一で高品質になるとのこと。


ストラディヴァリウスの木目を観察してみると通常の木材に比べて幅が狭くて間隔が均一。





ストラディヴァリウスが作られたのは小氷河期と呼ばれる地球が寒い時代。


14世紀から続いた地球の寒冷期では現代とは異なり、夏と冬の気温差が少ない時期。


その為に季節による木の成長速度の差が少なく、木材の密度の差も少なかったそう。


これによりバイオリン作りに適した木が多く育っていたと考えられています。


ストラディヴァリウスに使われている木と全く同じ品質の木というのは現代ではまず手に入らないそう。


板の厚み


ストラディヴァリウスの表板(おもていた)は現代で使われている約3mmよりもかなり薄く、約2mmほどの厚みの個体が多いそう。





薄くすると振動しやすくなって良い音色に。


しかし、弦の張力に負けて木材が変形したり破損したりするリスクも。





極限まで薄くしても壊れない堅牢性を実現した驚異的な技術力。


現代のバイオリン職人がストラディヴァリウスの再現む時には、当時の物に出来るだけ近い品質の木材を世界中から厳選。


熱処理を施す事で約300年前の木材を再現。


また、CTスキャンなどを使ってストラディヴァリウスの構造を詳細に調べたりといった努力を重ねているとのこと。





最後に、堀さんが製作したバイオリンとストラディヴァリウスを聴き比べ。


普段からストラディヴァリウスを弾くバイオリニストの三浦文彰さんと、幼少期にバイオリンを習っていたカンニング竹山さん、そして、バイオリン職人の堀さんご本人。





最終的には、全員Aを選択し、正解。


しかし、堀さんのバイオリンの完成度も素晴らしいと三浦さんが絶賛。


ちなみにお値段は、250万とのことでした。



結論


というわけで、


「ストラディヴァリウスはなんで高いの?」は、


「300年経った今でも再現できないから」


でした。
 


解説してくれたのは


解説はバイオリン職人の堀酉基さん


1995年文京楽器入社。日本の新作ヴァイオリンブランド“ピグマリウス”の製作に従事。98年、名器を再現するプロジェクト「リバース」の責任者となり、ストラディヴァリウスをはじめとする膨大な数の名器を研究する機会を得る。現在は、ヴァイオリン・エキスパートとして精力的に活動する一方、製作者としてストラディヴァリウスの研究と復元をライフワークとしている。(株)文京楽器および(株)アルシェ代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
(HPより)



今回も最後まで読んでくれてありがとう。
他の記事もよろしくね。


過去放送日別一覧ページ


各回放送内容・放送日別一覧








-チコちゃんクイズ

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.