Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

チコちゃんクイズ

郵便マーク〒は逓信省のテ、二本線で日本、昔は赤い丸に太い横線が引かれた丸に一引き

投稿日:

今回は、2018年8月17日金曜日放送、「チコちゃんに叱られる!」夏の拡大版のお話。

「郵便マークはなぜ「〒」?だよ!




確かに昔から郵便マークって、「〒」だよね。


誰が決めたんだろう?


郵便マークはなぜ「〒」?


今回は、笑いながらのスタート。




チコちゃん「この中でいちばん筆まめな大人ってだーれ?」


ということで、浅野さんが回答者。


チコちゃん「郵便マークをスケッチブックに書いてみて!」とリクエスト。


浅野さん「〒」




ここでチコちゃんからの質問「郵便マークはなぜ「〒」」


浅野さんは、うまく答えられず叱られちゃいました。


そのあとも、番組では、切手収集をされている方らにも聞いてみますが、誰も知らないようです。


チコちゃんの答えは、「ダジャレ」とのこと!


???


郵便マーク「〒」は、ダジャレから生まれた!


解説してくれたのは郵政博物館の井上卓朗館長。


以前は、郵便マークは、全く違うマークが使われていたそう。


日本における郵便制度の誕生は文明開化に涌く明治4年の事。


その頃の郵便マークは赤い丸に太い横線が引かれた「丸に一引き」。




これが変化した出来事については、

NHK たぶんこうだったんじゃないか劇場 「丸に一引き 失われた時を求めて」




のビデオで説明。


時は明治20年。郵便事業を担う逓信省(ていしんしょう)。


初代逓信大臣はあの五稜郭の戦いで新選組の土方歳三らとともに戦った榎本武揚(えのもとたけあき:鶴見辰吾さん)が務めていました。


ある日の事、榎本の元を会計局局長の山内堤雲(山西惇さん)が尋ねます。


逓信省の「丸に一引きマーク」の変更を申し出る山内


その理由として、マークの由来が外国人に説明しづらいというもの。




山内(山西)「大臣はこのマークの由来をご存知でしたか?」


榎本(鶴見)「No. I don’t know.」


実は長い間使われていた丸に一引きマーク。


でも、誰も明確な意味が分からないまま使われていたんです。


ということで新しいマークを作ろうということになったそう。


榎本大臣は山内に新しいマークの考案について一任。


協力したのは逓信省職員の中島泉次郎(つぶやきシローさん)。


最初に考案したのは逓信省のTEIから「T」の文字。




さらにもう一つの案もということで参考資料をあたっていると、目についたのが新聞広告。


そこには二本の線で日本の船(せん)というダジャレ的な船会社(日本郵船)の旗。




このアイディアを取り入れて、〒に


日本の線を入れてさらにカタカナの「テ」のように見えることから考案。




榎本大臣にプレゼンを行うと即決で「〒」が採用されます。


呼び名は「郵便マーク」に。


ということで、二本線で日本。


縦線で逓信省のテ。


これらを組み合わせて〒。




チコちゃんの結論は、


郵便マークが「〒」なのはダジャレ


でした。


塚原アナから補足情報


実は船会社(日本郵船)のマークの意味は、〒汽船三菱会社と共同運輸会社の2社が合併したもので、さらなる発展を目指して地球を横断するという決意が込められて考案されたもので、ダジャレではなかったとのこと。




ただ、「二本線で日本」という情報は日本郵船の職員から中島が聞いた話で、それを本当だと思い込んでいたとのことです。


(注)現在の郵便マークの経緯には諸説あるようで、「T」は国際郵便で「料金不足」という意味なので「〒」になったという説もあるとのこと。


解説してくれたのは


郵政博物館の井上卓朗館長


郵便の父・前島密が築いた 誰もが平等に使える制度井上 卓朗(郵政博物館 館長・主席資料研究員)


郵政博物館


〒131-8139 東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ 9階
TEL:03-6240-4311


交通案内

電車をご利用の方

【東京スカイツリー駅】

・浅草駅から (東武スカイツリーライン) 一駅2分または徒歩約15分
・上野駅から (東京メトロ銀座線) 浅草駅乗換 (東武スカイツリーライン) 約14分

【押上(スカイツリー前)駅】

・東京駅から(JR総武線快速)錦糸町駅乗換(東京メトロ半蔵門線)約16分
・品川駅から(京急線・都営浅草線)直通25分
・羽田空港から(京急線・都営浅草線)直通42分
・成田空港から(京成成田空港線・成田スカイアクセス京成線)直通59分

車をご利用の方

ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。

「郵政博物館」は、郵便および通信に関する収蔵品を展示・紹介する博物館です。館内は郵便にまつわる歴史や物語を7つの世界に分けて展示や映像で紹介する常設展示ゾーン、企画展示ゾーン、手紙ラウンジ、イベントスペース、ミュージアムショップで構成しています。日本最大となる約33万種の切手展示のほか、国内外の郵政に関する資料約400点を展示しています。
さらに「郵政博物館」では「心ヲツナグ 世界ヲツナグ」をコンセプトに、デジタル技術を駆使し、郵便や通信がもたらす人と人との心のつながりを感じていただける体験・体感型のコンテンツを数多く用意しています。
(郵政博物館HPより)



今回も最後まで読んでくれてありがとう。
他の記事もよろしくね。


2018年8月17日放送、「チコちゃんに叱られる!」夏の拡大スペシャルの放送内容は、下記の各回放送・放送日別一覧ページからどうぞ!

各回放送内容・放送日別一覧








-チコちゃんクイズ

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.