NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!▽ガッツポーズの謎▽駅から徒歩○分▽お肉の色の秘密 2021年5月7日(金)NHK総合 午後7時57分から、再放送翌土曜日8時15分から

投稿日:

チコちゃんファンの皆様!



「チコちゃんに叱られる!」​は、5月7日金曜日、NHK総合 午後7時57分~


再放送は、翌日土曜日8時15分から。


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知です!

▽ガッツポーズの謎▽駅から徒歩○分▽お肉の色の秘密

番組告知

世の中には身近で素朴な疑問がいっぱい。そこにはよくよく調べてみると興味深い世界が広がっています。チコちゃんが繰り出すそんな素朴な疑問を家族で一緒に考えてみませんか?今回の疑問は…ガッツポーズってなに?駅から徒歩○分ってどうやって決めるの?焼くとお肉の色が変わるのはなぜ?MCの岡村隆史さん、ゲストの土田晃之さん、芳根京子さんと一緒に楽しく悩みましょう。世界最速タイムSHOWも必見です!
(NHK番組ホームページより)



今回のゲスト


ゲストは、土田晃之さん、芳根京子さん


土田晃之さん





土田 晃之(つちだ てるゆき、1972年〈昭和47年〉9月1日 – )は[1]、日本のお笑いタレント、司会者、コメンテーター。太田プロダクション所属[1]。身長183cm、体重75kg[1]。血液型AB型[1]。

東京都練馬区出身、埼玉県大宮市(現:さいたま市見沼区)育ち[4]。大宮市立大砂土中学校(現:さいたま市立大砂土中学校)、埼玉工業大学深谷高等学校(現:正智深谷高等学校)、専門学校東京アナウンス学院お笑いタレント科(現:芸能バラエティ科)卒業[5]。

学生時代
1979年、小学1年生の時まで東京都で育ち、野球をやっていた[6]。1980年、小学2年生の時に大宮市(現:さいたま市)へ引越したが、転校先の小学校の授業についていけずに落ちこぼれていた[7]。当時からお笑い芸人を夢みていたが、人前ではしゃぐような明るいタイプではなく、一人でネタを考えてこそこそ笑っているタイプだった[7]。運動神経が鈍くて鈍足だったため、学校でサッカーをやるとディフェンダーばかりをやらされ運動神経のよい同級生たちに打ちのめされる日々を過ごした[6]。

1985年、中学校1年生のときに、調子づいた態度が災いしてクラスメイト全員から無視されていたが、父親の言葉のしり押しで不登校にはならなかったとのこと[8]。

中学生時代、教育熱心な母親に反抗的だったが、土建業を営む父親には頭が上がらず、その父親から「家計が厳しいから私立高校へは通わせられない。公立高校に行け」と厳命された[7]。しかし、最底辺の成績しか残せず、担任から受験すれば誰でも受かる私立高校(埼工大深谷高校)へすることを勧められて、父親に土下座をして入学金と授業料を支払ってもらった[7]。高校1年生の時に無期停学処分を受けたものの、3年間で卒業した[7]。

卒業後に東京アナウンス学院のお笑いタレントコースに入学。同級生によれば演技はうまかったが、何日も稽古をサボったり、漢字が大の苦手で台本が読めず「“海”という字が読めなくて止まってました」という[9]。

専門学校時代はフジテレビのエキストラのアルバイトをしており、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!!』や『志村けんのだいじょうぶだぁ』に出演していた。体が大きくて目立つので重宝されたという[10]。

U-turn時代
詳細は「U-turn」を参照
東京アナウンス学院に在籍していた時代に対馬盛浩と出会い、「元不良と元生徒会長」のアンバランスさを売りにしたお笑いコンビ、U-turnを結成した[11]。コンビ結成後の初舞台のライブが思いのほか好評だったこともあって、自信満々になり「ダウンタウン?2年で抜いてやるよ!」と豪語した[12]。

『GAHAHA王国』(テレビ朝日)『タモリのボキャブラ天国』(フジテレビ)などのお笑い番組やライブに出演したが、1999年に『ボキャブラ天国』が終了して収入が激減した結果、2001年に対馬が廃業を決意し、コンビ解散となった[13]。対馬の廃業の件は、事務所を通じて知ったとのことで、それまで「コントがウケなかったら相方の責任にしていた」ことが頻繁にあった[11]。その後は、ピン芸人として自立することになった[13]。

ピン芸人
ピン芸人になってからはプライドを捨て、それまで否定的だったリポーターの仕事も請け負った[12]。『銭形金太郎』(テレビ朝日)でレギュラーになり、リポーターの依頼が増えた[12]。しかし、仕事をこなすうちにストレスのかかるロケが続くようになり、1年に3回、十二指腸潰瘍を患った[12]。仕事は続けたが、何度も再発したためにリポーターの仕事はすべて降板し、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)の仕事をきっかけに「雛壇芸人」としての仕事をこなすようになった[14]。その後、大勢のタレントが集まって出演者同士の会話をメインにしたトーク番組がテレビ業界で増えたため、雛壇芸人としての仕事が急増した[6]。近年は『バイキング』(フジテレビ)や『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)などへ出演し、コメンテーターとしての仕事も増えている[15]。
(Wikipediaより)



芳根京子さん





芳根 京子(よしね きょうこ、1997年2月28日 – )は、日本の女優である。

東京都出身[2]。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。

来歴
中学2年生でギラン・バレー症候群を発症。1年ほど学校に通うことにも難儀したがその後克服する[3][4]。

都立高校1年生のとき、友達に誘われて行った遊助(所属事務所の先輩にあたる)のライブ会場でスカウトされ芸能界入り[5][6][注 1]。その後、通信制高校に転校[1]。

2013年にフジテレビ系ドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優デビュー。このドラマで主演を務めた篠原涼子(事務所の先輩にあたる)を憧れの人として挙げている[7]。

2014年、福島・東京で行われたオーディションで選ばれ、映画『物置のピアノ』で映画初出演にして初主演。同年、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で朝ドラデビューする。花子の親友である蓮子(仲間由紀恵)の娘役を演じた。

2015年、本広克行監督による青春映画『幕が上がる』に出演。同年には、キャストオーディションで1000人以上の参加者の中から選ばれ、TBS系ドラマ『表参道高校合唱部!』の香川真琴役でドラマ初主演を務めた。

2016年度の後期のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』ではヒロインとして出演[8][9]。

2018年の月9ドラマ『海月姫』において、朝ドラ終了後初主演[10]。

2018年公開映画で、土屋太鳳とダブル主演を務めた『累 -かさね-』と、『散り椿』での演技が評価され、第42回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞[11]。

人物
女優業界ではオーディションの合格を次々と勝ち取る実力者であり、“オーディション荒らし”の異名を取る[4]と報じられるが、本人はその説を強く否定している。『べっぴんさん』で朝ドラヒロインの座を射止める前までは、オーディションを受けても受からない事が多く、朝ドラヒロインを射止めた後も落選したオーディションがあった[12]ことを語っている。なお、“オーディション荒らし”報道の翌日に受けた『とと姉ちゃん』のオーディションは一次で落ちている[13]。
自己PR欄にも「オーディションが嫌いなので、オーディションを受けなくても仕事ができるようになりたい」と書いていた[14]。
ももいろクローバーZの玉井詩織と仲が良い[15]。
(Wikipediaより)




放送内容は?


世の中には身近で素朴な疑問がいっぱい。


そこにはよくよく調べてみると興味深い世界が広がっています。


チコちゃんが繰り出すそんな素朴な疑問を家族で一緒に考えてみませんか?



ガッツポーズの謎


ガッツポーズってなに?


あらためて聞かれるとわからないです。



駅から徒歩○分


駅から徒歩○分ってどうやって決めるの?


これは、分速〇mとかできめるのではないの?



お肉の色の秘密


焼くとお肉の色が変わるのはなぜ?


たんぱく質の変性?



MCの岡村隆史さん、ゲストの土田晃之さん、芳根京子さんと一緒に楽しく悩みましょう。


世界最速タイムSHOWも必見です!








-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.