NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

チコちゃんクイズ

なんで店員さんはお客さんにいらっしゃいませと言うようになった?→徳川家康が東海道五十三次を整備したから

更新日:

今回は、2022年3月18日金 チコちゃんに叱られる!「▽ニンニクの謎▽いらっしゃいませ▽数字にコンマ?」の番組内容を紹介。


なんで店員さんはお客さんにいらっしゃいませと言うようになった?





なんで店員さんはお客さんにいらっしゃいませと言うようになった?


本日の2つめ目の話題。


チコちゃん「ねぇねぇ岡村、この中で、お買い物が好きなステキな大人ってだーれ?」


岡村さんの指名で、ウエンツさんが回答者に。


2問目の出題は視聴者からのおたより。


岡村さんが読み上げます。


問題は、「なんで店員さんはお客さんにいらっしゃいませと言うようになった?」


ウエンツさん「コウノスケ、、、、だいたいこんなのは、松下幸之助がその由来。」といった趣旨の回答。


正解に至らず、叱られちゃいました。


チコちゃんの答えは、「徳川家康が東海道五十三次を整備したから。」



徳川家康が東海道五十三次を整備したから


解説してくれたのは、日本の分化や歴史に詳しい明治大学の齋藤孝教授。


そもそもこの「いらっしゃいませ」のセリフが使われ出したのは江戸時代中期~後期。


それ以前は「おいでなさいまし」という言葉が使われていました。


いらっしゃいませは「来る」の尊敬語である「いらっしゃる」と、


言葉を丁寧にする「~ます」の命令形である「ませ」がくっ付いて出来た「いらっしゃりませ」が原形。


意味としては「こっちにおいでなさいませ」。


今では店内でも使われるこのいらっしゃいませ。


最初は、「いらっしゃりませ」と使われていましたが、言いやすさから「いらっしゃいませ」に変化。





本来の意味は、お店の外で客引きをする際に使われていた言葉。


そしてこのいらっしゃいませの使い方に変化が起きたのは、徳川家康が東海道五十三次を整備した事と関係。





日本橋から京都(三条大橋)を結ぶ全長492kmの東海道。


そもそも朝廷への荷物を早く届けるために整備されたといわれています。


この東海道はお伊勢参りなどで一般の人々も利用。





つまり多くの旅人が行き交うわけで東海道に軒を連ねる宿の数は約3000軒。


特に今でいう愛知県名古屋市熱田区にあった宮宿は248軒の宿がひしめき合う東海道最大の一大宿泊地。


となると客の争奪戦も激しくなります。


そこで勃発したのが客引き合戦。


実際、浮世絵師・歌川広重の「旅人留女(たびびととめおんな)」という作品には客を力づくで引っ張り込もうとするシーンが。




ここで用いられたのが、いらっしゃいませ。


元々客を呼び込むために使っていた「おいでなさいまし」だと丁寧な感じ。





活気が感じられません。


そこで、「いらっしゃいませ」と声高に叫ぶことでお店の活気をアピール。


こうして東海道の宿場や茶屋などを中心に広まって行った「いらっしゃいませ」は徐々に全国区に。


そして時代と共に強引な客引きが減ったことで、店内において使われるように変化。


そもそもの意味からずれて使われ、今に至っています。


今使われている「いらっしゃいませ」にはそれはそれで重要な意味があるとのこと。


齋藤先生「たとえば、お客さんの存在にちゃんと気付いていますよ。」「いつでもサポートする準備は出来てますよ。」といったサインとして使われています。


店内で快適に買い物が出来るようにという配慮の言葉としても。


最後に2021年接客コンテストに優勝した令和野カリスマ店員 村岡美里さんの接客技術について紹介。





・決めつけの接客はしない

・会話の中から欲しいものを聞き出す

「数あるお店の中から、当店を選んでいただきありがとうございます。」という気持ちをもって、目の前のお客様だけに向けた接客を心掛けているとのこと。



結論


というわけで、


「なんで店員さんはお客さんにいらっしゃいませと言うようになった?」は、


「徳川家康が東海道五十三次を整備したから」


でした。
 


解説してくれたのは


解説はテレビや本でお馴染の明治大学・齋藤孝教授


職格 教授
学位 教育学修士
最終学歴 東京大学、東京大学大学院
研究業績等 http://gyoseki1.mind.meiji.ac.jp/mjuhp/KgApp?kojinId=940009
個人ホームページ 齋藤孝のホームページ
専攻分野(研究分野) 教職課程 教育方法、身体論、コミュニケーション技法
研究テーマ
教育における身体の研究。コミュニケーション技法。教育方法および授業のつくり方。教師としての力量形成。

キーワード
授業 身体 コミュニケーション

主な担当講義
教育方法、授業デザイン論、教育基礎論
(大学HPより)



明治大学


明治大学(めいじだいがく、英語: Meiji University)は、東京都千代田区神田駿河台一丁目1番地に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は明大(めいだい)。

大学全体

開学記念碑(東京・有楽町)
江戸幕府の洋学所の伝統を引き継ぐ大学南校から優秀な生徒を抜擢して設立された司法省明法寮で学び、司法省法学校の第一期卒業生となった青年法律家達が、「近代市民社会を担う聡明な若者を育成する」ことを目指し、1881年に創設した明治法律学校を前身とする[1]。日本で西洋近代法を習得した第一世代にあたり、明治期の日本の司法を支えることとなった、司法省法学校の第一期生の過半数が明治大学の創設に関与している。創立期のメンバーからは民法起草に携わった法曹や大審院院長などの他、西園寺公望(第12・14代内閣総理大臣)など、政治家や外交官として活躍した者などが多数誕生している。

有楽町数寄屋橋内の旧島原藩上屋敷「三楽舎」を校舎として開校したが、その後、1886年に駿河台に校舎を構え、以来、同地に本部を構え現在に至る。駿河台を含む御茶ノ水エリアは文教施設が集積し、「日本のカルチェ・ラタン」とも称される日本を代表する学生街となっている。本部以外に、東京都に2キャンパス、神奈川県に1キャンパスを設置[2]。10学部及び大学院12研究科と、高度専門職業人の養成を図る専門職大学院(ガバナンス研究科、グローバル・ビジネス研究科、会計専門職研究科、法務研究科(法科大学院))を擁する総合大学である。


和泉キャンパス(明大前)
入試に於いては、実志願者数[3] や、「生徒に人気の大学」ランキング[4] などで、例年トップクラスにランキングされている。 大学の略称は「明大」であり「めいだい」と発音するほか、 和泉キャンパス最寄には「明大前駅」が存在する。 学校法人明治大学は、大学名として商標「明治大学」 称呼「メイジダイガク、メイジ」 を商標登録(登録商標日本第3043764号)しているほか、略称として商標「明大」称呼「メイダイ、メーダイ」も商標登録(登録商標日本第6049745号)をしている。

理念
創立時からの伝統によって確立された建学の精神「権利自由、独立自治」[5] に基づき、自由と自治の精神を養うことを理念とし、「知の創造と人材の育成を通し、自由で平和、豊かな社会を実現する」ことを大学の使命としている[6]。

国際社会を牽引する「世界に開かれた大学」を目指すとしている[6][7][8]。大学の公式パンフレット等[9] では 「個を強くする[6][7][8] 都心型大学」をキャッチフレーズとして使用することも多い。

教育・研究

ノーベル経済学者や世界銀行首脳などを招聘した国際シンポジウム(アカデミーホール)
明治法律学校を起源としており、大審院長3名を始めとした近代日本の司法を支えた法曹たちが講師を務め、明治法律学校時代の代言人(現在の弁護士)試験や判事検事登用試験では、合格者数が全体の4割近くに達する[10] など、近代司法史に大きな足跡を残している。一方、渋沢栄一や名村泰蔵(大審院長)らの尽力により開設され、佐野善作(東京商科大学初代学長)など当時の代表的な商学者たちが講師を務めてきた[11]商学部や、同じく私学で初めて開設した経営学部など、伝統的に商学でも知られる。また、夏目漱石、山本有三、小林秀雄などを始め、近代日本の名だたる文学者らが多く在籍し、演劇学、考古学等でも歴史・実績のある文学部など、人文系に於いても伝統を有する。

また、近年に於いては、社会科学を軸に人文科学や自然科学を含めた学際的な観点から構成したカリキュラムにより、 創造性、発信力のある人材を養成する情報コミュニケーション学部、数理科学と情報技術を軸に文理融合型の教育により IT系分野のリーダーを養成する総合数理学部[12]、完全英語教育により地球規模の諸問題への対応を研究し、グローバルリーダーを養成するグローバル・ガバナンス研究科、国際建築家の養成機関として 大学院理工学研究科建築学専攻に開設された「I-AUD」(国際プロフェッショナルコース[13][14])、商学部が推進するファッション・ビジネス教育など、学際的、国際的なアプローチによりクリエイティブで実戦的な人材の養成を志向する学科・専攻が多く設置されている。


大学発ベンチャーのITシステムが「日本の革新的技術」として招待展示(2019大阪サミット)
専門職大学院では、明治法律学校以来の伝統をもつ法科大学院、近年公認会計士試験合格者数ランキングでTOP3が定着している会計大学院、日本のビジネススクールとして初めて EFMD(欧州経営開発財団)が発行する国際認証のEPAS(EFMD Programme Accreditation System)を取得した経営大学院(明治ビジネススクール)、多くの現職議員、市長等が在籍する公共政策大学院などが設置されている。

生涯学習としては「リバティアカデミー」を1999年に創設し、4つのキャンパスで420講座を設置開設。2015年度からは文部科学省の履修証明制度を導入し、女性の再就職支援やキャリアアップのための職業実践力育成プログラムを設置。

産学連携では、国家的プロジェクトでもあるメタンハイドレートの実用化研究[15][16][17][18] や、人工意識や脳科学研究[19][20]、惑星探査におけるJAXAとの共同開発、世界的な環境問題に対応した高分子科学研究所による生物由来のバイオプラスチックの開発[21]、自治体との提携による自動運転の実証実験などが行われている。

特に総合数理学部では、文理融合のクリエイター的発想によるアウトプット志向の研究が多く進められており、折り紙工学の提唱及び産業活用を見込んだ研究開発[22][23][24] や、特許出願中の世界初の試みであり、新たな味覚メディアの創生など広範なビジネス展開が見込まれる「電気味覚ディスプレイ」[25][26] などの他、企業とのインタラクションデザインの共同研究などによる、新しいライフスタイルの提案などが進められている。

大学発ベンチャーとしては、成田国際空港や三菱地所の大型オフィスビルでの運用が開始された、理工学部開発による自律移動型ロボットとクラウド技術の融合による次世代警備ソリューションサービスや、パナソニックなどとの共同開発によるITソリューションサービス(両方とも、2019大阪サミットで、「日本の革新的な技術とアイデア」として招待展示された[27])などの他、農学部による熟成肉の製造技術「エイジングシート」のレストランチェーンやホテルへの大規模展開、バイオリソース研究国際インスティテュート(MUIIBR) [28]による 移植用ブタ臓器の生産・実用化を更に加速・推進する スピンオフベンチャーの設立[29]、総合数理科学部と総合電機メーカーなどによるIoT系商品開発、等々が進行中である。
(Wikipediaより)




今回も最後まで読んでくれてありがとう。
他の記事もよろしくね。


過去放送日別一覧ページ


各回放送内容・放送日別一覧








-チコちゃんクイズ

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.