NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!▽たたかう子ども▽かき氷の旗▽花火のあの音 2020年8月8日(土)NHK総合 午前8時15分から

更新日:

チコちゃんファンの皆様!




「チコちゃんに叱られる!」​は、金曜日に放送がないようです。

8月8日土曜日、NHK総合 午前8時15分~



忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知です!

▽たたかう子ども▽かき氷の旗▽花火のあの音


番組告知


ゲストはフワちゃんとヒロミさん。花火の疑問からは日本の職人のこだわりとお客さんへの思いが、かき氷の問いからは氷にまつわる驚きの歴史が、箱ティッシュにも意外な工夫が隠されていました。働き方改革コーナーは「たたかうちびっこ」子どもたちの奮闘をボーっと見逃さないようにしてください。キョエちゃんが運ぶおたよりは妹さんのかわいいお悩みです。お子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで一緒に楽しめます。
(NHK番組ホームページより)




今回のゲスト


ゲストはフワちゃんとヒロミさん。


フワちゃん






フワちゃん(1993年11月26日[1][2][3][4] – )は、日本のお笑いタレント、YouTuber。本名は不破 遥香(ふわ はるか)[5]。 2020年2月現在、事務所には所属しておらずフリーで活動している。

東京都八王子市出身[6]。身長161cm。弟が2人居る[6]。自身の性格についてフワちゃん自ら「マジで真っ当な人気者タイプで、超明るかった」と話している[2]。小学2年生から小学4年生までアメリカ、ロサンゼルスに住んでいた[3]帰国子女。中学校ではバスケットボール部、高校でも最初はバスケ部に入っていたが、自分の足が速いことに気付いてすぐに陸上部に転部、高校生時代は東京都の大会で800m走で出場し3位の好成績を残している[6]。

子供の頃から新しいゲームや企画を考えたりすることが得意で、バレーボールと靴を飛ばす遊びとを掛け合わせた「靴飛ばしバレーボールゲーム」などを考え出していたという[7]。

東洋大学文学部中国哲学文学科卒業(4年生の時に1年留年し、5年かかって卒業[8])[注釈 1]。大学2年生在学中にワタナベコメディスクール18期生として入学。同期は土佐兄弟、まちゅなどがいる。芸人を始めたきっかけは、学生時代にギャルの友人から芸人になることを勧められたことである。吉本興業の養成所のNSCは一括で払う入学費が高過ぎて無理と思い、ローンが組めるワタナベコメディスクールを選んだという[9]。

スクールの女性の同期生と「ランボランチ」を結成する[注釈 2][10]。本人は、この時はモエヤンみたいなネタをやっていたと話している[11]。また、本人曰くこの当時養成所内での成績は良かったとのこと[8]。

ランボランチは相方の引退により[8]、同スクール在学中の2014年1月26日の選抜ライブを以って解散[12]。同年、スクールの同期生芝山大輔(元D・N・A)とのコンビ「SF世紀宇宙の子」を結成。同スクールを2014年3月に卒業後、ワタナベエンターテインメントに所属。当時は「相方(芝山)の作るネタを上手に出来なかった」と話している。

2017年9月30日限りでSF世紀宇宙の子が解散[13]。コンビの解散と事務所の重役に悪態をついた(本人に見えないように後ろ姿に向かって中指を立てていたら、その姿がガラスに映ったことでバレた)ことにより、事務所を解雇され[1][14]、 以降はフリーの芸人として活動[15]。元相方の長谷川や芝山とは今でも相談など連絡を取っており、「最高の友達になっちゃったって感じ」と話している[11]。解散後1年ほどはネタを披露する活動もしており、「R-1ぐらんぷり」や「女芸人No.1決定戦 THE W」にも出場していた[11]。ただし、「元々、ネタが得意でなかった」とも話している[7]。

2020年になって、さらば青春の光の森田哲矢から自分たちの事務所のザ・森東への入所を「ギャラの割合は10:0(つまりギャラの取り分は全てフワちゃん)」の条件を出してまで打診されたが、その話を断ったということがあった。 (これは水曜日のダウンタウンの企画『ネットニュースに載るまで帰れません』で最下位になった森田が自宅に帰れないためにフワちゃんに助けを求め、『お前が森東に入らないと俺は自宅に帰れない』ということで、実現した打診。これをフワちゃんが引用リツイートした。森田はミルクボーイとの再会について某ゴシップ雑誌のおかげでネットニュースになったため、無事、森田は自宅に帰った。後日、フワちゃんとのこの打診もネットニュースになった。)[16]。

2020年8月3日より、自身初のMC番組『視聴者様に飼われたい!』がテレビ東京にてスタートする[17]。

YouTuberとして
2017年6月には、当時の事務所の先輩芸人のAマッソの静岡朝日テレビ内SunSetTVのインターネット番組『Aマッソのゲラニチョビ』#22『FUWA』で初のゲスト出演。Aマッソに説教されるという設定でフワちゃんのキャラクターが大きく取り上げられインパクトを残す。2019年10月現在、チャンネル内では最も再生された動画となっている。

YouTubeにてテレビ朝日ディレクターの寒川拓郎と共に自身のチャンネル「フワちゃんのウーウー」を開設。これは、テレビ業界の人向けに自分を売り込むアピールの場として運用していたものだった[1]。2018年4月にこの後身となるYouTube個人チャンネル「フワちゃんTV/FUWACHAN TV」を開設。フワちゃんTVの登録者数は2020年6月2日時点で66.4万人。

元々Instagramで写真を加工したコラージュ画像を上げており、そのセンスと面白さに着目した放送作家の長崎周成(フワちゃん曰く、長崎は“マブダチ”)から声をかけられ、YouTuberデビューすることになった。さらにアルバイト先の店長に後押しされたことと、自分の才能をお金にすることをやっている人はかっこいい、と思ったのもYouTuberを始めるきっかけだったという[2]。自分のYouTubeは「私の楽しい頭の中をそのまんま映像にしたもの」であるという[2]。

フワちゃんは自身のことを「賞レースやバラエティからでなく、YouTube発祥の新しいタイプの芸人」としている。どこにも所属せずフリーで活動する理由として「自分はどうせ変なことをやるので、(もし所属していたら所属先から)怒られそうだし、だけど怒られるのは無理だから、それなら自分でやった方がいい」という趣旨の説明をしている[18]。

ヴィヴィッドなカラーのスポーツブラにミニスカート、またはホットパンツという格好で街や海外などに出掛け、出掛け先で一般人から有名YouTuberまで、海外では現地の人に“ダル絡み”するなどの動画活動を展開[19]、アバンティーズ、SUSURU TV、しばなんらのYouTuberと、SunSetTVの企画でははじめしゃちょーともコラボした[1]。帰国子女であることもあって英語が堪能で、英語でコミュニケーションをとることもある[20]。本人自身、海外へ行くことが大好きだと公言している[19]。

YouTubeの動画の編集は、フワちゃんの弟である「ふわけん」が担当している[21]。
(Wikipediaより)



ヒロミさん





ヒロミ(1965年(昭和40年)2月13日 – )は日本のお笑いタレント、司会者、実業家、レーサー、YouTuber。株式会社ビィーカンパニー代表取締役社長。本名、小園 浩己(こぞの ひろみ)[2]。

東京都八王子市出身。プロダクション人力舎を経てビィーカンパニーに所属。マネジメント業務は田辺エージェンシーが担当した後、2008年からはプロダクションノータイトル。妻は松本伊代。長男は小園凌央[3]。B21スペシャルのリーダー。

鹿児島出身の大工職人の父のもとに生まれ、照れ屋でおとなしい少年時代から一転して高校生当時は暴走族の一員となり、18歳の夏に友人2人を乗せた自動車で大事故を起こした結果、内臓破裂による一時重体で生死の境をさまよう。この時、医者から家族にも「諦めて下さい」と伝えられたが、内臓を1つ摘出する長時間の難手術の末に一命を取り留める[4]。このことから「好きなことをしよう」と、以前から思いを馳せていた芸能界入りを決心したとのこと。

1986年、デビット伊東、ミスターちんとともにコントグループB21スペシャルを結成し、1990年にゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞。師匠は星セント。1991年9月放送の『1or8』にて、大量のロケット花火を背負って宇宙へ行こうという企画「ヒロミ宇宙へ」に挑戦した際、僅かに浮き上がるも、III度の深度の深い大火傷を負って入院。この事故の影響で、番組も打ち切りとなった。1992年、マネージメント事務所「ビィーカンパニー」を設立。1993年、『流行笑会』で共演した松本伊代と結婚。なお、この披露宴での引き出物はまな板だった[5]。

2004年7月24日から25日にかけて放送された『27時間テレビ』のコーナー「生・笑わず嫌い王決定戦」で、10数年ぶりにB21スペシャルとして復活。コントを披露した。2004年7月27日、師匠である星セントの葬儀に参列し、「セントさんに『この世界は厳しいからやめておけ』と言われました。今はその言葉が身に染みて分かります」と発言。

2005年、林家こぶ平が9代目林家正蔵を襲名した披露パーティの席で「こんな偉い人とは、知りませんでした。……殴ったり蹴ったりしてスミマセン」と、『タモリのスーパーボキャブラ天国』や『モグモグGOMBO』で(番組上の演出として番組内で)イジメてきたことを冗談交じりで謝罪した[6]。

放送作家だった親友・吉野晃章が病死したショックなどから、ごく一部のゲスト出演などを除いて芸能界を離れ[7][8]、加圧トレーニングジムの経営などに従事。芸能活動休止までの間は天狗になっていたが、経営者として仕事をするうちに、ヒロミは優しさや労いの気持ちを持つようになった[9]。2014年以降、テレビバラエティに本格復帰[10]。前年9月の東京オリンピックが開催決定した事だと語っている[11]。また、休業中も連絡を取っていた中居正広から「いい加減にテレビ出たらどうですか?」と復帰を勧められていたことも関係している[9]。
(Wikipediaより)




放送内容は?


番組告知から、

かき氷の旗のなぞ


かき氷の問いからは氷にまつわる驚きの歴史が!



花火のあの音はなに?


花火の疑問からは日本の職人のこだわりとお客さんへの思いが、つまっています。



箱ティッシュの秘密


意外な工夫が隠されているとのこと。



働き方改革コーナー


今回は、「たたかうちびっこ」。


子どもたちの奮闘をボーっと見逃さないようにしてください。


キョエちゃんが運ぶおたよりは妹さんのかわいいお悩みです。


お子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで一緒に楽しめそうですね。


楽しみです。












-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.