NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!▽きのこのあの形▽火星人の謎▽冠(かんむり) 2021年2月5日(金)NHK総合 午後7時57分から、再放送翌土曜日8時15分から

更新日:

チコちゃんファンの皆様!





「チコちゃんに叱られる!」​は、2月5日金曜日、NHK総合 午後7時57分~


再放送は、翌日土曜日8時15分から。


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!



NHKの番組告知です!

チコちゃんに叱られる!▽きのこのあの形▽火星人の謎▽冠(かんむり)


番組告知


ゲストは関根勤さんと若槻千夏さん。岡村さんとチコちゃんに挑みます。「きのこの形」「火星人の姿」「冠婚葬祭」どんな疑問が登場するか。ご家族でお楽しみください。

詳細
身近な疑問なのに考えたこともない、調べてみると奥深い世界が広がっています。チコちゃんに叱られながら、楽しく一緒に考えてみませんか。キノコのかたちには神秘的なある秘密が、あの火星人の姿はどうやって誕生したのか、歴史の偶然が、そして冠婚葬祭、何か気なることはありませんか。そして、キョエちゃんのコーナーは、みなさまの何気ない動画、一挙紹介いたします。誰かに話したくなる、ご家族でわいわいどうぞ。

出演者ほか
【出演】岡村隆史,【ゲスト】関根勤,若槻千夏,【リポーター】塚原愛,【声】木村祐一,【語り】森田美由紀
(NHK番組ホームページより)



今回のゲスト


ゲストは関根勤さんと若槻千夏さん。


関根勤さん





関根 勤(せきね つとむ、1953年(昭和28年)8月21日 – )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優、歌手、司会者。旧芸名はラビット関根。東京都港区出身。浅井企画所属。娘はタレントの関根麻里。

所属事務所の後輩で長年の親友でもある小堺一機とのコンビは、コサキンとして知られている。

4人兄弟の末っ子(兄2人に姉1人)として生まれる。父は東京消防庁勤務の消防士で、謹厳実直な家庭だったと関根自身が回想している。「勤」の名前の由来は、関根が生まれた年(1953年)が父にとって勤続25年目の年に当たったことに由来する[1]。幼少時代は奔放かつ我が儘であり、父にはよく「勤、怒鳴るなよ」と窘められていた[2]。

港区立高輪台小学校、港区立高松中学校、東京都立八潮高等学校を経て、日本大学法学部管理行政学科に入学。大学ではお笑い好きの仲間4人と「目黒五人衆」を結成、都内でライブ活動を行うが、大学3年次の1974年の夏休みにグループは解散[3]。その後、同年出演したTBS『ぎんざNOW!』の「しろうとコメディアン道場」で5週連続勝ち抜き、初代チャンピオンとなる。その時の審査員の一人だった浅井企画社長・浅井良二に見出され、芸能界デビューを果たす。コサキンビデオ『マントヒヒ』内での回想によれば、放送後に浅井社長と川岸副社長に呼び止められ、近くの喫茶店で詳細について話し合ったという。関根自身はプロの芸人になるつもりはなかったので回答を渋っていたが、それまで沈黙していた浅井が「君なら出来る! 君なら出来るよ! ウチはコント55号を育てたんだから。明日の朝10時に事務所に来なさい!太陽神戸銀行の横!」と一方的に捲し立てると、直ぐさま川岸を連れて帰ってしまった。関根は呆気にとられたが、翌日、事務所を訪れるとそこには浅井が契約書を持って待ち構えていた[注釈 2]。関根は当時まだ大学に在学中だったため、当初は卒業までの一年半だけ所属するつもりであった[3]。

プロデビューに際して、TBSラジオ『ヤングタウンTOKYO 桂三枝の大放送』の前説を務めていた縁で、パーソナリティの桂三枝(現:六代目桂文枝)が1975年の干支であるうさぎ年に因み「ラビット関根」という芸名を名付けた。千葉真一・ジャイアント馬場・長嶋茂雄など、これまでやり手のいなかった人物のモノマネで次第に注目される[4]。

日本テレビ系列の『カックラキン大放送!!』では、「バカバカしいと思うなよ。やってる本人、大真面目!」と歌いながら披露する「カマキリ拳法」や[5]、「田村正和拳法」などのシュールかつ特異なネタを編み出した。更にテレビ朝日系列の『欽ちゃんのどこまでやるの!?』に、事務所の後輩で親友でもある小堺一機と組んだ「コサキン」(当初は「コサラビ」)のコンビで出演し、「クロコとグレコ」で人気を博した。またこの時期に、同番組で共演した事務所の先輩・萩本欽一の指示で、芸名を本名と同じ関根勤に改めている。1985年にはフジテレビ系列『森田一義アワー 笑っていいとも!』にレギュラー出演を開始し、全国区の知名度を得る。

同じく1985年から、小堺主演の舞台『小堺クンのおすましでSHOW』に出演。1989年には自らを座長とした舞台『カンコンキンシアター』をスタートさせ[注釈 3]、テレビ以外にも活動の幅を広げる。また、コサキンコンビでメインパーソナリティーを務めたTBSラジオの番組『コサキンDEワァオ!』は、1981年のスタート以来放送時間や番組タイトルを変えながら、深夜番組としては驚異の27年半という記録を打ち立てた長寿番組となった(2009年3月放送終了)。同番組からは小堺との共著を含む数十冊の著書の他、「コント劇場」のビデオ、CD-ROMなどが出版されたり、人気コーナー「似てねェモノマネ」で、現在の芸風の基盤であるモノマネの世界を作り上げる。

2010年代以降もバラエティ番組を中心に第一線で活躍、ターゲットをごく一部に絞るような独特のモノマネやコメントで、老若男女問わず根強い人気を維持している。

2015年5月23日に、初監督作品映画『騒音』が公開[6]。

2016年4月、TBS系サタデープラスの企画ロケで受けた心臓の検査で「冠動脈狭窄」と診断され、翌月の5月2日にステント手術を受けていたことを21日にサタデープラスで明かした。
(Wikipediaより)



若槻千夏さん






若槻 千夏(わかつき ちなつ、1984年5月28日 – )は日本のタレント。元グラビアアイドル。結婚前の本名:栗原 千春(くりはら ちはる)。所属事務所はプラチナムプロダクション。

年譜
2001年
17歳の時に友人と渋谷109を訪れたところを、現所属事務所からスカウトされる。
成人雑誌の水着グラビアでデビュー。デビュー当初は本名で活動し雑誌グラビアやテレビ朝日内のサイト『WEBアイドル図鑑』を中心に活躍。程なくして、現在の芸名に改名。
11月よりTBS『キャイ〜ン式』の番組内企画「ヒデキ(ウド鈴木)の妹オーディション」にセクシー部門代表として地上波初出演。オーディション合格者で結成された期間限定ユニット「イモコン。」のメンバー(五女)として活躍。

2002年
ミスマガジン2002にエントリーしセミファイナルまで進出するも、落選。
9月、「wi☆th」名義でavex traxからCDデビュー。

2003年
年頭から本格的にグラビアからテレビ、ラジオ業界への進出を開始。当時はフジテレビ『トリビアの泉』、『クイズ!ヘキサゴン』、テレビ朝日『銭形金太郎』などバラエティ番組を中心に出演。
10月、日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に出演。
11月よりフジテレビ『LIVE2003すぽると!&ニュース』のレギュラーリポーターとして仲根かすみとともに抜擢、翌年9月末まで出演。

2004年
3月公開の映画『呪霊 THE MOVIE 〜黒呪霊〜』にて初出演・初主演でスクリーンデビュー。
4月、テレビ東京『中山道』の出演をきっかけに中山秀征に気に入られ、以後共演番組が増える。
5月、フジテレビ『ディヴィジョン1 STAGE2・ランナーズハイ』にて民放ドラマ初出演。
9月、熱中症と急性胃腸炎を併発し緊急入院し1週間後に退院。
10月、主演映画2作目『想色〜オモイ・ノ・イロ〜』公開。公開初日にテレビ放送されたフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』の特番「国立め茶の水女子大学付属高等学校 第1回抜き打ち中間テスト」出演時のとある発言(後述)により、バラエティタレントとして一般知名度を一気に上げた(放送内容は抜き打ちテスト (めちゃ×2イケてるッ!)を参照)。

2005年
年頭よりフジテレビ系の競馬バラエティ番組『うまッチ!』にて民放地上波番組の初メイン司会を務める。
4月より『スーパー競馬』メインキャスター。他にも日本テレビ系『メレンゲの気持ち』等レギュラー番組が一気に増える。
ヘアーカラーリング・アワード2005タレント部門、第1回Best Jerseist女性部門受賞。

2006年
11月6日、「神経性胃炎および 潰瘍性大腸炎」で体調を崩した事から、全てのレギュラー番組出演と年末年始の番組収録をキャンセルし、2か月間の療養に入る。若槻が出る予定だった所は事務所の後輩の岩佐真悠子や東原亜希がいくつか代役に回っていた。
12月23日、深夜放送の『うまッチ!』より復帰したが、病気の再発を防ぐため『うまッチ!』、『スーパー競馬』などのレギュラー番組は降板。

2007年
1月18日にブログ「マーボー豆腐は飲み物です。」を開始。
11月27日、年内中にも芸能界を引退すると報道された。「頭の中がごちゃごちゃしている」と26日からブログ[2]の執筆活動を止め、若槻はクリエーターへの転身を考えているという一部報道があったが[3]同日中に自身のブログでこの報道を否定した[4]。
12月28日、海外「修行」報道がなされた[5][6]。だが同日、自身のブログ記事において否定した[7]。
12月31日、アメーバブログから去る事を自身のブログ記事で報告をした[8]。同日、第58回NHK紅白歌合戦に柳原可奈子と共に布施明の応援ゲストとして出演。

2008年
2月26日、オフィシャルサイト「若槻千夏 24」をオープンさせた。
5月28日、オフィシャルサイトの日記を更新、オフィシャルサイト日記のコメント欄がないため、たむらけんじのブログに、誕生日のお祝いコメントを募集するコメントを掲載する。それに答えるかたちで、たむらも、「若槻千夏誕生日」というタイトルでブログを更新、たちまち、若槻への、お祝いメッセージが殺到する騒ぎになる。
8月26日正午に、新公式サイト『ちこつのカタチ』をYahoo!ファンクラブ内に開設した。
9月18日「堂本剛の正直しんどい」で約9か月ぶりにテレビ番組への出演をする(紅白歌合戦以来の出演)旨を報告。

2009年
5月28日、自身のブランド「W♥C」(ダブルシー)の設立を発表[9]。

2012年
1月17日、一般人男性と結婚した事を自身のブログで公表した[10]。
6月22日、女児を出産。

2013年
1月6日 「W♥C」のデザイナーからクリエイティブアドバイザーに降格。
8月12日 「W♥C」から完全に手を引くことを発表[11]。ブランドは存続するが関係性はゼロに。

2015年
12月5日放送の『さんまのまんま』(関西テレビ)にゲスト出演し、4年ぶりに芸能界への本格復帰を果たす[12]。

2016年
12月14日、第2子妊娠を報告[13]。

2017年
4月19日、第2子男児を出産、5月9日にインスタグラムで報告した[14]。
(Wikipediaより)





放送内容は?


番組告知から、


身近な疑問なのに考えたこともない、調べてみると奥深い世界が広がっています。チコちゃんに叱られながら、楽しく一緒に考えてみませんか。


きのこはなんでかさがあるの?


キノコのかたちには神秘的なある秘密が隠されているそう。



火星人はなんでタコなの?


あの火星人の姿はどうやって誕生したのか、歴史の偶然が!



「冠婚葬祭」の冠(かんむり)?


そして冠婚葬祭の問題が。


何か気なることはありませんか。


そして、キョエちゃんのコーナーは、みなさまの何気ない動画、一挙紹介いたします。


誰かに話したくなる、ご家族でわいわいどうぞ。







-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.