NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!「“1日3食の秘密”“裏声のなぞ”“銭湯の富士山”ほか」2019年12月13日(金)NHK総合 午後7時57分から (再放送翌土曜午前8時15分から)

更新日:

チコちゃんファンの皆様!



「チコちゃんに叱られる!」​は、12月13日金曜日、NHK総合 午後7時57分~
(再放送は、翌土曜日、午前8時15分~ )



忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知です!


チコちゃんに叱られる!「“1日3食の秘密”“裏声のなぞ”“銭湯の富士山”ほか」


番組告知

ゲストは黒木華さんと石黒賢さんのおふたり。江戸時代に庶民のくらしを劇的に変えたあるできごととは?「銭湯の富士山」ではその秘密とおもしろ銭湯絵を紹介。裏声の疑問からは人体の秘密が見えてきます。さらに世界中で食べられる「パン」の裏話、キョエちゃんのおはがきコーナーは、珍しい苗字の方からのお悩み。家族で、親子で、「あるある」「なんで?」と盛り上がりながら、一緒に楽しんでください。

【出演】岡村隆史,【ゲスト】黒木華,石黒賢,【リポーター】塚原愛,【声】木村祐一,【語り】森田美由紀
(NHK番組ホームページより)




今回のゲストは、


黒木華さん、石黒賢さん



>黒木華さん




黒木 華(くろき はる[注 1]、1990年3月14日[1][2] – )は、日本の女優。本名、同じ[3]。

大阪府高槻市出身[4][5]。京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒業[6][7]。パパドゥ所属[1]。

幼いころより母に連れられて映画や芝居を見て育ち[8]、兄弟やいとこと一緒に地域の児童劇団に参加し演技を褒められたことをきっかけに演技が好きになる[5][9]。全国大会で優勝実績もある演劇の名門・追手門学院高等学校に進学して演劇部に所属し、「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めていた[8][10]。女優を志して卒業後は映画制作や演劇を学べる大学への進学を希望し、自宅から通える京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コースに進学[7][11][12][13]、林海象、東陽一らに師事して演技を学ぶ[10][14][15]。

学内製作の作品にキャスティングの声がなかなか掛からなかったことから大学在学中の2009年に野田秀樹の演劇ワークショップに参加[9]、オーディションに合格して翌2010年6月のNODA・MAP公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして初舞台に立ち[4]、デビューした[注 2]。その傍ら、著名な劇団であるYouth Theatre Japan (YTJ)に所属し、ミュージカルに出演。[要出典]さらに2010年9月のNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』では野田秀樹、中村勘三郎との3人芝居でヒロインの娘役のダブルキャストの1人として舞台に立った[7][18]。翌2011年にはNODA・MAP公演『南へ』、阿佐ヶ谷スパイダース公演『荒野に立つ』、蜷川幸雄演出『あゝ、荒野』などの舞台作品に出演し、演劇界の期待の新人として注目を浴びる[4]。

2011年には映像作品に進出し、『東京オアシス』にメインキャストとして映画に初出演、2012年には『おおかみこどもの雨と雪』で声優にも初挑戦[5]。2012年度後期のNHK連続テレビ小説『純と愛』に夏菜演じるヒロインの同期社員役で出演してテレビドラマ初出演を果たし[19]、「表向きは柔和だが実は陰険」という腹黒いキャラクターを演じてその高い演技力が評判となり、知名度を高める[20][21]。翌2013年には連続テレビ小説『純と愛』、『リーガル・ハイ』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演[注 3]した『シャニダールの花』や『舟を編む』での演技が評価され、キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞した。

2014年にはオーディションを経て『小さいおうち』で山田洋次監督作品に初出演し[22]、同作での演技により第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。日本の女優では左幸子、田中絹代、寺島しのぶに次いで史上4人目であり、23歳での受賞は日本人最年少となる[23][24]。映画祭の総評では「(黒木の)演技力は群を抜いていた。」と評された[25]。銀熊賞受賞に際しては、内閣官房長官の菅義偉(当時)も祝意を示した[26]。同作では第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞も受賞。また、その年最も活躍し将来の活躍が期待できる俳優に贈られるエランドール賞新人賞も受賞した。

映像外部リンク
『幕が上がる』映画予告編 – YouTube
冒頭で灰皿を投げつける先生役を演じている。
2015年2月28日公開の『幕が上がる』(監督:本広克行)では黒木が高校・大学と演劇に没頭し、舞台役者としてプロのキャリアをスタートしたことから演劇部の顧問役としてキャスティングされた。作品中では弱小演劇部の運命を一転させる重要な役回りを演じており、映画評論家の清水節らがその存在感を高く評価している[16][27]。同年4月期のTBSテレビ60周年特別企画『天皇の料理番』での好演が話題を呼び[28][29]東京ドラマアウォード2015にて主演女優賞を受賞[30]、同年12月12日公開の『母と暮せば』で第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞して前年に続いての「連覇」となった[31]。2年連続の最優秀助演女優賞受賞は、第32, 33回に連続受賞した余貴美子以来6年ぶり、史上2人目の快挙である。

2016年3月公開の『リップヴァンウィンクルの花嫁』で映画単独初主演を務め[32]、同年4月期の『重版出来!』で連続ドラマに初主演[33]。同年秋には第29回東京国際映画祭のフェスティバル・ミューズを務める[34]。
(Wikipediaより)



石黒賢さん







石黒 賢(いしぐろ けん、1966年1月31日 – )は、日本の俳優、タレント、キャスター、児童文学翻訳家。本名、同じ[2]。翻訳家名、イシグロ ケン。

東京都出身。成城学園中学校高等学校、成城大学経済学部卒業。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。父は元プロテニス選手の石黒修[3]。

父は日本人初のプロテニスプレーヤー・石黒修。賢自身も中学から大学までテニス部に在籍し、中学2年生の時には都大会で秋篠宮文仁親王とも対戦[4]、現在もプレーを楽しむこともある。その為、テニス専門誌にコラムを書いたり[5]、WOWOWのテニス中継(グランドスラム大会やジャパン・オープンテニスなど)では番組ナビケーターやゲストなどで出演することが多い[6]。

「テニスの出来る男の子を捜している」と知人から聞きつけた父の「じゃあうちの子を」との推薦により、1983年、高校3年生の時にTBS系のテレビドラマ『青が散る』に主演し俳優としてデビュー[4]。デビュー当時は「好青年」「善人」役を演じることが多かったが、90年代後半から徐々に「悪役」に挑戦する機会も得て、その演技の幅も広がった。

また、一女二男がおり、ニューヨークでたまたま手にした絵本『Scary』の翻訳をきっかけに[7]、「絵本パパこれ読んで!シリーズ」としてトランスワールドジャパンからイシグロ・ケン名義で6冊の絵本を出版したり[8]、2008年よりWOWOW『ウィンブルドンテニス』のスペシャルナビゲーターを務めるなど、活動の場を広げている。

好きな音楽はヘヴィメタルが中心で、過去にガンズ・アンド・ローゼズの東京ドーム公演をポロシャツ姿で見に行ったことがあり「場違いだ」と思われたのか、他の客に睨まれたと音楽雑誌「炎」(シンコー・ミュージック)誌で語っていた。

『振り返れば奴がいる』で共演した俳優・織田裕二とは親友。また高嶋政宏とは成城学園中学・高校・大学を通じた同級生で、『ツインズ教師』で初共演した[9]。妻も成城大学出身で、ミス・キャンパスとして語学雑誌の表紙を飾ったこともある[10]。
(Wikipediaより)




放送内容は?


番組告知から、

1日3食の秘密


江戸時代に庶民のくらしを劇的に変えたあるできごとが関係している?


なんでしょうね。



裏声のなぞ


裏声の疑問からは人体の秘密が見えてきます。



銭湯の富士山


確かにお風呂といえば、富士山ですね。


「銭湯の富士山」ではその秘密とおもしろ銭湯絵を紹介!



世界中で食べられる「パン」の裏話


どんな裏話だろうか?



キョエちゃんのおはがきコーナーは、珍しい苗字の方からのお悩み。



家族全員でわいわい楽しめる話題ですね。


みんなで楽しく見ましょう!








-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.