NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

テレビ放送事前告知

番組告知 チコちゃんに叱られる!▽アパートとマンション▽握りずしの謎▽人の顔が現れる! 2021年5月21日(金)NHK総合 午後7時57分から、再放送翌土曜日8時15分から

更新日:

チコちゃんファンの皆様!



「チコちゃんに叱られる!」​は、5月21日金曜日、NHK総合 午後7時57分~


再放送は、翌日土曜日8時15分から。


忘れずに視聴、見れない人は番組録画予約をお忘れなく!


NHKの番組告知です!

▽アパートとマンション▽握りずしの謎▽人の顔が現れる!


番組告知


世の中には身近で素朴な疑問がいっぱい。そこにはよくよく調べてみると興味深い世界が広がっています。チコちゃんが繰り出すそんな素朴な疑問を家族で一緒に考えてみませんか?今回の疑問は…アパートとマンションの違いって何?なぜ握りずしの1人前は10個なの?なぜこの世には次々と人の顔が現れるの?わかりますか?MCの岡村隆史さん、ゲストの和田アキ子さん、ウエンツ瑛士さんと一緒に楽しく悩みましょう。
(NHK番組ホームページより)



今回のゲスト


ゲストは、和田アキ子さん、ウエンツ瑛士さん

和田アキ子さん




和田 アキ子(わだ アキこ、1950年〈昭和25年〉4月10日 – )は日本の歌手、タレント、司会者、ラジオパーソナリティ。所属芸能事務所は株式会社ホリプロ。テイチクエンタテインメント / ユニオンレコード所属。

在日韓国人として出生し、その後日本へ帰化[1]。血液型O型。

愛称はアッコ(さん・ちゃん)、アコ(さん・ちゃん)、ゴッド(姉ちゃん・姉さん)。

本名、飯塚 現子(いいづか あきこ)。旧姓、和田。帰化前の通名は、金海 福子。

幼少期
天王寺区にある大阪市立真田山小学校を卒業後、私立城星学園中学校へ入学。そのまま私立城星学園高校に進学するも父親が勝手に退学届けを出したため、在学期間はわずか3日間で中途退学となった[2]。

小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。174cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ(当時:ホリプロダクション)社長・堀威夫直々にスカウトされる。当時はグランプリズ(夏夕介が在籍)というバンドを組み、大阪と神戸三宮で活動していたが実際にデビューできたのはボーカルの和田とオルガンの夏のみであった。芸名の「アキ子」の「アキ」がカタカナなのは、本名の「現子」が普通に読めないため、当時のホリプロの社長が付けた。本名は当て字である(人名#名前に用いられる漢字参照)。

芸能活動
デビュー当時のキャッチ・コピーは「和製リズム・アンド・ブルースの女王」。

1968年(昭和43年)10月25日、「星空の孤独」でレコードデビュー。

1969年4月25日(昭和44年)、2枚目のレコード「どしゃぶりの雨の中で」が17万枚のスマッシュヒットを記録する。

1970年(昭和45年)、20歳になり『女番長・野良猫ロック』(日活)で映画初主演を果たす。また、「笑って許して」でNHK『第21回NHK紅白歌合戦』に出場し、『NHK紅白歌合戦』初出場を果たす。以後、1978年(昭和53年)まで連続出場。

1972年(昭和47年)、「あの鐘を鳴らすのはあなた」で第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。

1973年(昭和48年)から日本テレビ『金曜10時!うわさのチャンネル!!』に出演。番組内で「ゴッド姉ちゃん」[3]と呼ばれ、せんだみつお、湯原昌幸、ザ・デストロイヤーらとドタバタギャグを繰り広げたことで、デカくて・コワい・強いというイメージが全国的に広まった。姐御肌のキャラクターや、女性としては高い身長、靴のサイズの大きさ(27cm)などによる。1979年(昭和54年)、「ゴッド姉ちゃん」のイメージが定着してしまったのを嫌ったことや、『翔べ! 必殺うらごろし』(朝日放送製作、テレビ朝日系列へネット)への出演などがあり、歌手活動とテレビ番組出演との両立が困難になってしまったことから、歌手に専念したいとの意向で、日本テレビへ強引に降板を申し入れた。これにより番組は打ち切りになった。この一件が原因で、以後2年間和田は日本テレビへの出入りが禁止されるなど両者は折り合いが悪くなった(後に和解)[4]。この時、レギュラー出演していたバラエティ番組を全て降板した。

1985年(昭和60年)からTBS『アッコにおまかせ!』の司会を担当。

1986年(昭和61年)、紅白に1978年(昭和53年)以来8年ぶりに出場[5]。以後、2015年まで連続出場。

1987年、1991年、1995年、1998年、1999年、2001年、2008年には紅組トリを務めた(紅組トリ7回は石川さゆりに次ぐ現役歌手2位。全体では美空ひばりの13回に次ぐ3位)。
1987年、1988年、1997年と合計3回紅組司会も担当、1987年の『第38回NHK紅白歌合戦』では「抱擁」で紅組トリを務めており、組司会とトリの兼任となった。なお、1970年代より幾度も紅組司会の候補に挙がっていた。また、山川静夫以来2人目且つ女性では史上初の昭和と平成の紅白で双方司会経験者でもある。
1987年度(昭和62年度)の日本女性放送者懇談会賞を受賞した[6]。

1998年(平成10年)、『第49回NHK紅白歌合戦』で「今あなたにうたいたい」を歌い、自身初の紅白の大トリを務める。抜群の声量を生かし、曲の途中ではハンドマイクを使わずに歌うパフォーマンスを見せ、観客席から大拍手が起こった。

2005年(平成17年)7月13日付のオリコンチャートでm-floとのコラボレーション作品「Hey!」が初登場9位を記録し、自身33年ぶりとなるTOP10入りを果たす。同年、自身初となる白組での紅白出場。

2008年(平成20年)、競艇(日本モーターボート競走会)のイメージキャラクターとなる。同年9月29日にはデビュー40周年記念として、ニューヨークのアポロ・シアターで、日本人・東洋人のソロ歌手としては初となる単独公演「40th Anniversary Concert “Power&Soul”」を行った。

2012年(平成24年)、『第63回NHK紅白歌合戦』に出場し、女性歌手として島倉千代子を抜いて単独で歴代最多出場歌手(36回)となる。その後も2015年(平成27年)『第66回NHK紅白歌合戦』まで30年連続出場(通算39回)を果たした。通算39回出場は当時の女性歌手の最多出場記録となっていた[7]。
(Wikipediaより)



ウエンツ瑛士さん






ウエンツ 瑛士(ウエンツ えいじ、英語表記:Wentz Eiji、1985年10月8日 – )は、日本のバラエティタレント、シンガーソングライター、俳優である。本名同じ。愛称はえいちゃん。

東京都武蔵野市出身。父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人[1]。4歳からモデルとして芸能活動を始め、NHK教育テレビ『天才てれびくん』→『天才てれびくんワイド』にレギュラー出演。以後テレビドラマなどで俳優として活動する一方、小池徹平とのデュオ「WaT」として歌手活動も行っていたが2016年2月12日に解散した。バーニングプロダクション所属で、マネージメントはエヴァーグリーン・エンタテイメントが業務提携している。

略歴
1989年 – モデルデビュー(当時4歳)。天使系美少年と呼ばれ、以降雑誌・CMなどで活躍。
1994年 – 劇団四季のミュージカル 『美女と野獣』 のチップ役で役者デビュー(当時9歳)。
1995年 – NHKの人気子供番組 『天才てれびくん』で、てれび戦士として5年間レギュラー出演。ダンスユニットZOOの全国ツアーにバックダンサーとして同行。『第46回NHK紅白歌合戦』 に森高千里のバックダンサーとして出演。
1996年 – ロックバンドLUNA SEAの「IN SILENCE」のPVに出演。
1998年 – 『第49回NHK紅白歌合戦』 に西田ひかるのバックダンサーとして出演。
2000年 – 5年間にわたりレギュラー出演した『天才てれびくん』を卒業。CM『森の水だより〜美少年編』 (コカ・コーラ社)に出演し、注目される。その後、芸能界を一時引退する。
2001年 – 日本大学櫻丘高等学校入学。芸能界に復帰。
2002年 – NHK大河ドラマ 『利家とまつ』 で森蘭丸役を演じる。この頃からバラエティ番組に進出。小池徹平とシンガーソングライター・デュオを組みのちにWaTとなる。
2004年 – 日本大学櫻丘高等学校を卒業。シングル 「卒業TIME」でインディーズCDデビュー (WaT)。
2005年 – TBSの愛の劇場 『正しい恋愛のススメ』 でドラマ初主演。熟女や男性とのラブシーンが話題になり、第47回『ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞』を受賞。シングル 「僕のキモチ」でユニバーサルミュージックからメジャーデビュー (WaT)。『第56回NHK紅白歌合戦』 に初出場する (WaT)。
2006年 – フジテレビの『あいのり』、『ポンキッキ』などのメインレギュラーに抜擢。『2006 バレーボール世界選手権』 オフィシャルサポーターを務める (WaT)。『第48回日本レコード大賞』 新人賞など、各種賞の受賞 (WaT)。『第57回NHK紅白歌合戦』 に2年連続出場 (WaT)。
2007年 – 初主演映画 『キャプテントキオ』公開。主演映画 『ゲゲゲの鬼太郎』公開。シングル「Awaking Emotion 8/5」(映画「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌)でソロデビュー。『第58回NHK紅白歌合戦』に3年連続出場 (WaT)。
2008年 – 第31回『日本アカデミー賞』新人俳優賞受賞。主演映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』公開。『第59回NHK紅白歌合戦』に4年連続出場 (WaT)。
2010年 – 初のメッセージエッセイ『できそこないの知』出版。
2016年 – WaTが解散を発表して、それぞれソロ活動を行う。
2018年 – 9月末に以後1年半日本国内の活動を休止すると発表[2]し、10月からイギリス・ロンドンに留学して演技を学ぶと日本テレビの番組『火曜サプライズ』で発表した[2]。
2018年 – 9月30日浅草橋ヒューリックホールで『WENTZ EIJI FAN MEETING 2018』を催した。
2020年 – 3月10日放送の『火曜サプライズ』に出演し、芸能界に復帰することを明らかにした[3]。
(Wikipediaより)




放送内容は?


世の中には身近で素朴な疑問がいっぱい。


そこにはよくよく調べてみると興味深い世界が広がっています。


チコちゃんが繰り出すそんな素朴な疑問を家族で一緒に考えてみませんか?



アパートとマンション


アパートとマンションの違いって何?


鉄筋がマンションって感じ?



握りずしの謎


なぜ握りずしの1人前は10個なの?


これは、10個のシャリの量が一合ぐらい?



人の顔が現れる!


なぜこの世には次々と人の顔が現れるの?


人面魚、人面犬、いろいろありましたね。



わかりますか?


MCの岡村隆史さん、ゲストの和田アキ子さん、ウエンツ瑛士さんと一緒に楽しく悩みましょう。







-テレビ放送事前告知

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.