NHK番組「チコちゃんに叱られる!」の放送内容を詳しく紹介!

チコちゃんに叱られる!

チコちゃんクイズ

火ってなんなの?→ドミノ倒し的酸化反応

更新日:

今回は、2022年4月1日金 チコちゃんに叱られる!「▽パセリの謎▽路線バスのボタン▽“火”ってなに?」の番組内容を紹介。


火ってなんなの?




火ってなんなの?


本日の最後の話題。


チコちゃん「ねぇねぇ岡村、この中で、いつも燃えているアツーい大人ってだーれ?」


今日は先発していない岡村さんがみずから回答者に。


最後の問題は、視聴者からのお便りから。


チコちゃん「火ってなんなの?」


岡村さん「物質が無くって行く様子を火と言う。」


正解に至らず叱られちゃいました。


その後、


岡村さん「酸素となにかが結びつくことで火という現象がおきる。」


などと、酸素という言葉まで引き出しますが、正解に至らず。



チコちゃんの答えは、「ドミノ倒し的酸化反応」




ドミノ倒し的酸化反応


解説してくれたのは、前回はシャボン玉で登場の東京理科大学の川村康文教授。


火が燃えるのは、「急激な酸化反応」が「立て続けに」火の中で起こっているから。


火はメタンなどの可燃性の物質が空気中の酸素と結びついて二酸化炭素や水を生む化学反応の中で発生。




これは酸化の一例。


鉄が酸素と結びついて錆びるのも酸化。




木が燃えるのと鉄が錆びるのは基本的には同じ現象。


鉄は空気中の酸素に触れて少しずつ錆びていきます。


当然、火は起こりません。


火が起きるには「高温の熱」「急激な酸化反応」が必要。


きっかけとなるライターの熱をロウソクに近付けるとロウソク周辺は一気に高温状態に。


この熱によってロウソクが溶けて可燃性ガス(炭化水素化合物)が発生。


高温の熱の中でこの可燃性ガスが空気中の酸素と結びつくと酸化反応を起こします。




この時に光と熱を生みます。




この生まれた熱によってさらにロウソクが溶けて可燃性ガスが発生。




このように「熱 → 可燃性ガス → 酸化反応」がドミノ倒し的に次々と起こるのが火。



「NHコ愛の劇場 酸素夫人 終わらない愛」





大富豪を可燃ガス、夫人を酸素に置き換えたドラマ。


酸素婦人は、小沢真珠さん




手に手を取って(酸化して)愛の炎を燃え上がらせる二人。




可燃ガスの寿命が尽きると火はストップ。


ところが空気中には酸素がふんだんに含まれています。


他のものにもくっ付きやすい性質のある酸素。


ずっと仕えてくれていた執事(新たな可燃性ガス)に新しい出会い。




2人の関係はちょっとしたきっかけがないと燃え上がらないのですが、そのきっかけになるのが熱。




ある一定の熱があると酸素と可燃性ガスが酸化反応を起こして火に。


こうなるとあらゆるものを巻き込んで火が生まれてやがて大火事に。


一度消えたものも、再度燃えることもあるので火の元には注意しましょう。




結論


というわけで、


「火ってなんなの?」は、


「ドミノ倒し的酸化反応」


でした。
 


解説してくれたのは


東京理科大学の川村康文教授

連絡先
〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)

kawamura@rs.tus.ac.jp
yasufumikawamura1959@gmail.com

ホームページURL http://www2.hamajima.co.jp/~elegance/kawamura

http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~elegance/

出身大学
1983年 京都教育大学 教育学部 特修理学科 卒業

出身大学院
2003年 京都大学 エネルギー科学研究科 博士課程 修了
取得学位

京都大学 博士(エネルギー科学) 課程
京都教育大学 修士 課程
龍谷大学 博士前期(社会学) 課程

研究経歴
研究職歴
– 京都教育大学附属高校 理科(物理)教諭
– 信州大学教育学部(理科教育) 助教授
2006- 東京理科大学理学部第一部 助教授
2007- 東京理科大学理学部第一部 准教授
2008- 現職

性別 男
生年月 1959年 12月
(大学HPより)



東京理科大学


東京理科大学(とうきょうりかだいがく、英語: Tokyo University of Science; TUS)は、東京都新宿区神楽坂一丁目3に本部を置く日本の私立大学である。1949年に設置された。大学の略称は理科大(りかだい)、東理大(とうりだい)。

大学全体
東京理科大学は、1881年(明治14年)創立の東京物理学校を主な前身に、1949年(昭和24年)に設立された、理学・工学・薬学・経営学をはじめとする分野を包括する理工系総合大学である。

1897年(明治30年)に京都帝国大学が創立され、そこに理工科大学(理工学部)が設置されるまでの間、自然科学の教育を施したのは東京帝国大学と、現在の東京理科大学の前身校である東京物理学校だけであった[広報 1]。自然科学教育を行う高等教育機関(専門学校を含む)としては国内で2番目に長い歴史を持ち、私立の理系学校としては最古の歴史を持っている。夏目漱石の『坊つちやん』に登場する「物理学校」は、この東京物理学校を指す。また、石川啄木の日記や北原白秋の詩など多数の作品において当時の東京物理学校の講義の情景が描かれている[1][2]。

2006年の創立125周年を機に「Con’science’(カンシャンス:英語・フランス語で「良心」の意)〜21世紀の「科学」は「良心」へ向かう〜」のコンセプトを打ち出した。

2021年の創立140周年を機に「理念を貫き、進化する。-Building a Better Future with Science-」のコンセプトを打ち出した[3]。

建学の精神(校訓・理念・学是)
「理学の普及をもって国運発展の基礎とする」
(Wikipediaより)




今回も最後まで読んでくれてありがとう。
他の記事もよろしくね。


過去放送日別一覧ページ


各回放送内容・放送日別一覧








-チコちゃんクイズ

Copyright© チコちゃんに叱られる! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.